グラブ

グラブ

【グローブ】遠くはないけどそんなに近くもない。今後出てきそうな近未来グラブを予想する回。

近年、バットやスパイクは見た目的にも機能的にも大きな変化を遂げてきました。軟式バットに関してはビヨンドマックスを筆頭にウレタンバット全盛期。打球の飛びが段違いになりました。バットをゴムにしてしまえという発想は当時、誰も思いつかなかった発想だ
グラブ

【グローブ】気になる!ご購入いただいたその後のグラブたち!

先日、とあるチームさんへ納品に行った際に以前当店でご購入いただいたグラブ達に多く会うことができました。当店でお買い上げいただいたグラブには見えないところに焼き印が押してあるので、当店でご購入いただいたかものかどうかは一発で分かるのです。実は
グラブ

【グラブ】ゼットの内野手用BPROG541を語りたい

ゼットの定番品と言われるグラブは非常によく考えて作られているな~と感じさせるものが多いです。大手メーカーともなると、結構似たような型パターンが多くなりがちなのですがゼットは様々な型パターンで多くの選手の「こう使いたい!」という要望に応え続け
グラブ

【グラブ】グラブの中身を大公開。グラブはこのようにして作られている!

あなたは野球のグラブの中身を見たことがありますか?実はグラブって作るのに結構複雑な作りになっています。一朝一夕で誰でも簡単に作れるものではございません。1人でグラブ全てを作るとなるとかなりの熟練した技術が必要です。グラブは立体的な造形をして
グラブ

【グラブ】芯材って大事。芯材はもっと注目されてもいいと思う。

芯材って何?って方もいると思うので超簡単にご説明します。グラブの芯材は人間の身体で例えるならば骨です。骨が無ければ人間は立つことすら出来ません。グラブも同じです。芯材が無ければ実はグラブってかなり柔らかくなります。逆に芯材の硬さを調整すれば
グラブ

【グラブ】高校で内野か外野かポジションが定まっていない選手が買うべきグラブとは?

「まだポジションがどこ守るか分からないので、とりあえずオールラウンドモデルを考えているんですけど。。。」毎年この手の悩みを抱えているお客様はお店に多くいらっしゃいます。しかし、実は硬式用になると各ポジションに専門特化していきますのでオールラ
グラブ

【型付け】ミズノBSS店の中でも更にお墨付きの「匠仕上げ」とは?

そもそもBSSショップとは、Mizuno Baseball & Softball Speciality Shop の略称です。2016年から「BSSショップ」という取り組みが始まり早5年。野球を語り合える「プロ」がいる。そんなコンセプトのも
グラブ

【グラブ】マエケンモデルにみる王者ミズノのモノ作りへのこだわり

今市場にあるグラブの多くはミズノの影響を少なからず受けているものばかりです。坂本モデルやイチローモデルはミズノの鉄板モデルと言ってもいいでしょう。それらをリバースエンジニアリングして、何故ミズノのグラブが売れるのかを解き明かそうと様々なメー
グラブ

【グラブ】YSR ~エールストーリー~ が考える捕球のストーリー

以前の投稿「真に内野愛に溢れたグラブ。Yell-storyとはどんなグラブ??」でもご紹介しましたが、エールストーリーとは内野専門ブランドです。職人さんご自身が内野手出身ということで、内野に特化したブランドを立ち上げました。内野用は大手メー
グラブ

【グラブ】内野手用の順巻き、逆巻きどっちがいいのか問題

グラブは様々なパーツで形作られています。そのパーツをミシンで縫い合わせ、革紐を通してはじめてグラブとして完成します。革紐を通す工程はグラブ作りの最後の方。でもこの最後の方の工程でグラブの手入れ感や形が大きく変わることはご存知ですか?本日は土
タイトルとURLをコピーしました