型付けのプロが【グラブの型付け】で大切にしていることとは?

グラブ

こんにちは!「超野球専門店CV」店長ゆうたです。

このブログでは超野球専門店ならではの切り口で野球にまつわる情報をアップしていきます。

 

かなーりお久しぶりの投稿となりましたがぼちぼちとアップしていこうかと思いますのでお付き合いいただけますと幸いですm(_ _)m

本日は、、、

そう!!


知る人ぞ知るローリングスのグラブディレクター日高氏から聞いたエピソードをご紹介。


その日もいつもと同じように当店工房内にて型付けを行っていた日高氏。。。




何気なーく



「日高さんって型付けする時って何考えて型付けされているんですか??」


と聞いてみた。


氏、曰く、、、




「型付けなんかせんでええねん!!」






( ゚Д゚)??






この人はグラブの型付けをしすぎてもうイヤになってしまったのか?




はたまた、IQが高すぎる人と自分のような凡人が話すと嚙み合わなくなるとかいうあれか?




すると、氏は続けた、、、


「手にビタッ!!て引っ付いてたら型なんかつけなくてもいいでしょ?」





さらに詳しくお話を聞くと下記のようなことが見えてきました!



①手の平から指にかけてグラブと接地している面積が広いということと

②閉じる際の指の腹部分の力の向きがしっかりとグラブに力が伝わる方向に向いてさえいれば




結論!型付けはいらない!!と。



②を図解するとこんな感じ?赤いが力の向きです!

これ、自分的にはかなり腑に落ちました。


だって、


型付けしたって毎回その型通りに使用できるとは限らないでしょ?


むしろ試合なんかではそんなの意識して使ってる余裕なんてないし、いろんな打球が飛んできていろんな捕り方をしなくちゃいけないんだから。




そんな型付けの奥深さを知った出来事でした。




超野球専門店CV オンラインサイトでお買い物

バットのサブスク BATTERS BOXでバットレンタル

超野球専門店CV Facebook

超野球専門店CV Twitter

超野球専門店CV Instagram

超野球専門店CV LINE

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました