スパイク選び~番外編~

超野球専門店CVスタッフブログNo.23

どうも、こんばんわ!ひろとです ^^) _旦~~

今日は、2週続けてきたスパイクの選び方の番外編として足の形状の種類についてお話ししていきます。

人間の足には大きく分けて3種類の形が存在します!!

①エジプト型
親指が一番長く、小指になるにつれ短くなっていく形です。日本人の70%から80%ぐらいがこの形だといわれています。特徴としては、足に合わない靴を履くと外反母趾になりやすいですので気を付けましょう。スパイクのサイズ合わせの仕方は、親指が一番長いので親指で長さをしっかり合わせましょう!

②ギリシャ型
人指し指が一番長い形です。日本人の10%から20%ぐらいがこの形です。日本では、少し増えてきているとも言われています。人指し指が一番長いので、スパイクのサイズ合わせのとき人指し指が当たっていないか必ず確認してください。親指で合わせると人指し指が当たって痛いなんてことも……

③スクエア型
指の長さがあまり変わらない形です。この型も10%から20%ぐらいです。この形は、足が長方形のような形になるので、幅、特に小指がスパイクに当たらないかをしっかりと確認する必要があります。先端部が細くなっているような形状のスパイクには注意が必要です。長さは、通常の測り方(親指)で合わせて問題ないです。

みなさんの足は何型でしょうか?自分の足の型をしっかりと理解し最善のスパイクを選ぶようにしましょう!(`・ω・´)

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

大きくないですか?そのスパイク….part2

超野球専門店CVスタッフブログNo.20

どうも、こんばんわ!ひろとです ^^) _旦~~

今回は前回に引き続きスパイクのお話です。

前回は長さのお話でしたね。今日は、幅(ウィズ)についてです。

よく聞きます、大きめが欲しいよりよく聞くかもしれません….

「うちの子幅広いんです、ワイドのスパイクがいいです」

「自分幅広いんでワイドじゃないと履けないんです」

では、はたしてこの子達は本当に幅広なのでしょうか!?

そもそも幅広は高校生で5,6人に1人と言われています!

そんなに多くないですよね(笑)ちなみに、歳をとればとるほど幅広の割合は増えていきます。長年、体重がかかることで足がつぶれてくるからです。そのため、子どもに幅広の子はそんなに多くないはずです。自分のお子さんが幅広だと思っている親御さん…..本当にそうなのでしょうか?

まず、幅広とはどういう風に区分されているかご存知でしょうか?足幅はA~Gというサイズ区分されています。一般的に4E以上になると幅広と区分されます。


*26.0㎝以下の表も店頭にございます

上記の表をもとに足長と足囲を測りウィズを出します。測り方は図の通りです。注意点としては、立って測ってください!!っているときと座っているときの足の形状が異なるためです。

ところで、ワイドではない子がなぜワイドのスパイクを履くとダメなのでしょうか!?

これは、前回の足長と同じようなデメリットがあります。

足がスパイクの中で動くことによりパワーロスが生まれパフォーマンス低下につながりますし、怪我しやすくなります。

また、小さいころからワイドタイプのスパイクを履いていると、大きくなってもワイドを履きたがります。ウィズを測定してワイドでないとわかってもです(;´・ω・)おそらくは、常にゆったり履いていたためにフィットしているものをキツイと感じてしまうためだと思います。こうなってしまったら、もうあとは自分で意識をしていくしかありません!

 

どうでしょうか!?スパイクの大切さが伝わったでしょうか!??野球は上半身の動きも複雑なため足元のアイテムはないがしろにされがちですが、どのスポーツにおいても足元は最重要です!!!!足元がおろそかだと全身のバランスが悪くなります!

是非、1度しっかり足型を測定して正しいスパイク選びをしましょう!

1番好きな道具はグラブでも構いません!

1番大切な道具はスパイクであってください!(`・ω・´)ゞ

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

大きくないですか!?そのスパイク…….

超野球専門店CVスタッフブログNo.17

\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

どうも、こんばんわ、ひろとです( ^^) _旦~~

普段接客をしていて思うところ、接客しながら伝えようとしているが、もう1度お伝えしたいこと……..

「あなたのスパイクの長さ、幅は、あなたに本当に合っていますか!?」

そうです、スパイク選びについてお話しします!

まず、長さからお話ししましょう!

基本的に目安としては、足の実寸+5㎜~1㎝ぐらいです!

足の長さを測るときは必ず立って測ってください。足に体重がのることで足が潰れ座っている時よりも足が少し大きくなるためです。

そして、実際に当店でサイズ合わせしていると親御さんにとても多いのが….

「どうせすぐ足大きくなるから大きめの買います」…….凄く多いです!

確かに買ってすぐまた買い替えとなると出費が増えて大変だと思います。

ですが、ジャストサイズのスパイクを履かないとどんなデメリットがあるのかご存知ですか!?

足に合っていないとなるとパフォーマンス低下や余計な負荷がかかり怪我の原因となりかねません。少し詳しくお話ししますと、足は歩いたり走ったりする動作で曲がる箇所は1ヵ所です。スパイクも曲がりやすい箇所は、実は同じ1ヵ所なのです。つまり、足に合わないスパイクを履くと足とスパイクの曲がる位置がズレてしまいます。そうすることで、無理やりスパイクを曲げて運動してることになります。ということは、ここでパワーロスが生まれたり、負荷がかかってしまうのです。膝や腰の痛みが意外にもこれが原因だったりするケースもあります。

*大きいのもダメですが、小さいスパイクを履くのも外反母趾や巻き爪、偏平足の原因となることがあるのでやめましょう。

これを聞いてもまだ、大きいスパイク履きますか!?

親御さん「うちの息子はそんな(凄い)選手じゃないからー」

いやいや、待ってください!スパイクのせいでパフォーマンス低下してるんですよ!?ジャストサイズで履かせてみてください!!!

それが、なにかのきっかけになるかもしれませんよ!?(^^)/

また、小さい頃から大きめのスパイクを履いているとそれに慣れてしまい、大きくなってもそのサイズ感で履こうとする子が多い気がします。

実例をあげてみると、高校生で28㎝のスパイクを探している子がいました。とりあえず、28㎝で合わせてみたところ明らかに大きいので、足の実寸を測らせてもらいました。そしたら、26㎝!!!先ほど合わせた同じスパイクの27㎝を履いてもらったら……

高校生「ちょっときついです」

えっ….!???(触って確認)

絶対に小さくない、むしろちょうどいいぐらい….

幅や高さがきついのかな!?と思い聞いてみたが、そうでもないみたい….

結局、その子は28㎝のスパイクをご購入されていきました。(泣)

説得出来なかった自分の未熟さもありますが、最終的に決めるのはお客様ですし、履いてる本人にしかその感覚はわからないので、強くは言えません(;´・ω・)

おそらくですが、ずっとその感覚で履いてきたからだと思います。

少し長くなりましたが、結論は

【小さい時からからジャストサイズでスパイクを履きましょう】φ(..)メモメモ

今回は、長さのお話で長くなってしまったので

幅(ウィズ)については次回書こうと思います(*^_^*)

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

なんで釘とびでないのぉぉ!?

超野球専門店CVスタッフブログNo.11

どうも、こんばんわ!ひろとです!! ^^) _旦~~

今日は、Pカバーの仕組みについてお話しします。

自分が高校生だったころ「Pカバーて釘で打ってるのに何で釘出てないの?これ釘が刺さるなんてことないのかな!?」と思っていました。こんな風に思っている野球少年は少なくないのでは……

結論から言うと大丈夫です!釘の先は中で丸まっているので刺さることはありません。では、なぜそうなるのでしょうか!?

それを可能にしている2つのキーアイテムを紹介しましょう。

1.金代にスパイクをつける

まずは1つ目は上の写真のような足の形をした金台です。

ごく稀にお客様で「自分でPカバーつけるのでPカバーだけください」という方がいます。「金台お持ちなんですか!?」と聞くと「何ですか、それ??Pカバーて釘を打ちつけるだけじゃないんですか?」と言われます。確かに釘を打ちつければPカバーは付けられますが、釘が中で飛び出した状態のスパイクになります。それでは怪我してしまいますよね(T_T)それを防ぐためには金台は必須です。

2つ目はこの釘です!

よーく見てもらえばわかると思いますが先の方が少し丸まっています。これは、この釘を打った時に先が丸まりやすくするための形です。

この2つのアイテムによってPカバーがきれいに取り付けられます。

ここでせっかくなので、ざっくりPカバーの取り付け方を写真と共に………


1.金台を用意する


2.スパイクを金台に取り付けPカバーをあてる


3.釘を打った時に金台にしっかりあてて先が丸まるように抑えながら釘をトンカチで打っていく


4.これで完成!!

ざっくりですがこんな感じで取り付けます。もちろんきれいに釘を丸めて打つには、ある程度練習が必要です。自分も最初は釘が出まくりでとてもお客様のスパイクを打てる技術はなかったです(笑)

では、さらにこの打ったPカバーを外してみましょう!

これがPカバーを外した時の釘の形です!青いのように丸まりきってない釘だと上手く打ててないものになります。しっかり打てていれば赤いのような釘の形になります。ちなみに…….

この写真は金台に釘が当たらず上手くPカバーを打てていないときのスパイクの内部を撮ったものです。このように釘が曲がらないで出てきます!このまま履いたら大変なことになりそうですね(;´・ω・)

丸まらなくてもスパイクの中で釘がとび出てないこともありますが、それだとすぐにPカバーは外れてしまいます。他店でつけたPカバーが1週間で取れたんですけどと持ってくるお客様もいらっしゃいました。せっかくお金かけて取り付けたのにそんなに早く取れては意味がないですよね(笑)

まあ、とにかく釘がしっかり丸まれば取れにくくなりますし、釘がとび出てて怪我するなんてことはありません。こうするには、アイテムはもちろんスタッフの技術も必要です!当店も常に迅速にきれいにPカバーを付けられるように日々精進しております(笑)

今日のテーマの結論は「釘が中で丸まるように工夫されて打っているので、釘はとび出してこない」ということでした!

でわでわ、今日はこの辺で終わります…..(笑)

こういった修理や加工で実は知らなかったとか、もっと知りたいとかあればぜひコメント下さい!内容によってはブログのネタにさせてもらいます(`・ω・´)ゞ笑

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

スパイクに適した紐の通し方!?

超野球専門店CVスタッフブログ NO.2

こんにちは!!超野球専門店スタッフのひろとです。

今回はスパイクの紐の通し方についてお話ししたいと思います。シューズの種類や運動の目的によって紐の通し方は、変えた方が良いと知っていましたか!?もちろん、知ってる方も多いと思いますが、知らない人はぜひ知っておいてほしいですね!

今回は、定番の2種類の通し方を紹介します。

1.アンダーラップシューレーシング   

上の写真のように、紐穴のからに出す通し方です。多くの方は、普段この紐の通し方をしていると思います。この通し方は、圧迫感が少なく適度に足に馴染むので、長距離を走るときなどに適しています。

しかし!!!野球のように瞬発力を求められる種目のスパイクには適していません!

2.オーバーラップシューレーシング

上の写真のように、紐穴のからに出す通し方です。もう一度言います!(笑)からです!!ただし、最後の紐穴は1の通し方同様にからですこの通しをすれば、しっかり締まり緩みにくくなるので、瞬発力が大事な野球のスパイクに適した紐の通し方となります。

どうですか!?みなさんのスパイクの紐の通し方は合っていましたか!?これは、野球が上手か下手かとか、野球歴が長いとか関係ありません!誰もが今すぐできることです!こんなところで差をつけられたくないですよね(笑)ぜひ、やってみてください!

捕れなかったボールが捕れるかも…..

 

 

 

【感想:一ヶ月】ビモロシューズ履いてみました!

いつもご覧頂き有難う御座います。

スポーツCVのホトダです。

先日コチラのブログで感想を書かせていただきましたビモロシューズを大体1ヶ月程度履いてみましたので、率直な感想をお伝えいたします。

あくまで私自身の感想になりますので、ご参考程度に捉えて頂ければと思います。

まず、結論から申し上げますと、

今まで履いていたシューズ(他メーカー)の9割を処分させていただきました。

ついでにビモロシューズを1足買い足しました。

この1ヶ月、疑り深い私は「たまに他メーカーのシューズを履いてみればビモロシューズのアラが見つかるのではないかしら」

などと考え、ちょこちょこ他メーカーのシューズを履いていました。

そこで他メーカーのシューズを履いて出た結論は2つ。

1.ブレる
2.疲れるように感じる

まず、他メーカーのシューズは着地時、蹴り出し時にどうしてもブレる気がしてしまいます。

前回もお伝えしたとおり、以前は疲れないようにとクッション性の良いシューズを履いていましたので今回履いてみたシューズもクッション性に優れたものになります。

語弊があると思いますが、正直に書きます。

他メーカーのシューズに比べ、ビモロシューズは着地から蹴りだしまでの足のブレがありません。

ご存知ビモロシューズは着地から蹴りだしまで、「サッ」「スーッ」でしたが、

他メーカーのシューズは「グニュッ」「ダーーーーンッ」でした。

普通に履いている時は気づきませんでしたが、クッション性が高いため、一度めり込む感覚があります。

そこから力強く蹴りだす感覚を得ました。

つまり「サッ」「スーッ」の連動性がないため、着地から蹴り出しがバラバラの動作になっている感覚です。

ビモロシューズの場合は大きなクッション部分というのはシューズに見られませんが、

「サッ」「スーッ」の連動性でクッション性を必要のないものにしているというのが感想です。

次の疲れるように感じるというのは、最初のブレるとリンクしますが、

他メーカーのシューズはどうしても着地時の足首だけではなく、ヒザ、股関節までブレる気がしてしまいます。

逆にビモロシューズの場合は足運びがとてもスムーズに行なえ、ブレる感覚、疲れる感覚がありません。

勿論、スゴイ長い距離を連続で歩いたわけではないのでその場合にどうなるかというのはわかりませんが、

ちょっと歩くだけでもこれだけ感覚に差がでるのですから、距離に比例してこの感覚強くなるものだと確信しております。

いかがでしょうか。少ない人数ではない方が「んな、大げさな!」と思われたのではないでしょうか。

実際私も履いてみるまでは、前回のブログに書いたように「んな、大げさな!」と思っておりました。

でも変わります。大抵、強い宣伝文句のついた商品を試してみると「ん?言っているほどでも・・・」

と思うことがほとんどだと思います。

ビモロシューズはきっちり感覚の違いとして今までのシューズとの違いを感じていただけると思います。

まずは騙されたと思って試履でもイイのでしてみてください。

履いて10歩、20歩歩いて頂ければ感覚の違いに気づいて頂ける方が多いと思います。

更に、私の履いていたビモロランニング・ベロではメーカーさんの方で値上げも検討されているようです。

せっかくなら今のお値段の内に是非ご検討下さい!

お店へのご来店もお待ちしております。

【感想:3日目】ビモロシューズ履いてみました!

いつもご覧頂き有難う御座います。

スポーツCVのホトダです。

いつもはアンダーアーマーについて書かせて頂いておりますが、今回はビモロシューズを履いてみた感想をお伝えいたします。

履いてみた動機としては、イチロー選手のお話や前回、店長の中村(勇)がブログに書いていた内容を見て、「そんな大げさな!」、「どうせ履いてもわからんよ」

と思っていたことでした。

「とにかく自分で試してみた上で、良い物は良い、悪いものはいくら評判が良くても悪い」と判断したいタイプなもので一旦自腹で試してみることとしました。

【今から書きます感想部分についてはあくまで私個人の感想になります。全ての方が同じような感想をお持ちになれるとは限りませんのでご了承下さい。】

今回試したシューズはこちら。

ビモロランニング・ベロ

1

基本的に甲高なものでいつも29cmを履いていますが、今回のビモロランニング・ベロも29cmで大丈夫でした。

そしてこちらのシューズ最大の特徴の【ビモロバー】

2

まず履いてみた感想ですが、「ん?なんか違和感があるぞ?」と言った感じでした。

足の下に異物がある感覚がと、踏み出した足が波打つ感覚を抱きました。

少し歩いてみると異物の感覚は抜けて行きました。

ただし、波打つ感覚というのは「左足」だけに顕著になってきます。

右足は波打つ感覚がなくなってきました。

この波打つ感覚を意識して歩いてみると、

カカトがつく→カカトから小指のラインがつく→内側に内旋するかのごとく親指方面がつく。

実際歩く歩様を見てみるとそうでもありませんでしたが、足の感覚としては、

「これこのまま内側にグリンといって捻挫しそう・・・」ぐらいの感覚でした。

よく考えますと私、左足内くるぶし辺りに余計な骨があり、しばしばそいつが邪魔をして歩く度に痛みが出る、有痛性外脛骨を持っています。

このため、左足は歩くのに少し気を使って歩いています。

こうした影響から、着地方法が右と違い、補正能力を高めてくれているのではないかと考えました。

ちなみに足の力も左のほうが弱いです。レッグプレスなどをしていてもある程度重い負荷になると右足で押してしまっているのが分かりますし、

片足ずつやっても顕著です。

もしかすると、バランスの悪い人ほど「グリングリン」する感覚というのが得られるのかもしれません。

次に実際歩きやすいのか?というお話です。

普段私は足が疲れないように、と思いクッション性の良いシューズを選んできました。

各メーカー、クッション性の良いランニングシューズが出ておりますが、正直いまいちしっくりくるものは見つかっていません。(勿論、甲高な足の形からしっくりこないものも多いですが・・・)

その中でビモロランニング・ベロは不安な部分がありました。

見た目も実際も薄く、軽い印象を受けたからです。

「ソールも厚くないし、足にガンガン衝撃が来そう。」

パッと見た時の感想がこれです。

先日の記事内で、中村(勇)が

”なんと、足が勝手に前に進むんです!!厳密にいうと「勝手に」は少し盛りましたが(笑)非常に前に進みやすくなるんです!!”

と言っておりましたが、正直疑っております。

「大げさな!」と。「足は勝手に前に進みません!」と。怒られそうなのでこの辺にしておきすが。

では、そんな半信半疑の私の感想はコチラ。

「何コレ?浮いてんじゃん!滑ってんじゃん!衝撃とかないじゃん!」

拝啓 中村(勇)様 あなたの仰っていたことはほぼ間違いなかったようです。 敬具

これで怒られないで済みそうです。

普通のシューズだとまず着地した時に「トンッ」

前に踏みだす時に「クリンッ」

「トンッ」「クリンッ」「トンッ」「クリンッ」「トンッ」「クリンッ」

というイメージだとします。

このビモロランニング・ベロは

着地した時に「サッ」

前に踏みだす時に「スーッ」

「サッ」「スーッ」「サッ」「スーッ」「サッ」「スーッ」

着地から蹴りだしまでの連動性がスムーズで着地時の衝撃や、踏み出すときの力がいらない感じです。

ですので、浮いているような、滑るような感覚を得たのだと思います。

表現する感覚は違えど、中村(勇)の書いていた「非常に前に進みやすくなるんです!!」には全面的に同意します。

まだ、3日しか履いていませんが、正直もう1足買っておこうと思います。

むしろ今まで履いていたシューズを全部投げ捨・・・・

それくらい自分の中の常識は覆されました。

私は今までであった中で一番履きやすいシューズだと思っております。

最初に書いていた「左足の波打つ感覚」も少しづつ小さくなってきました。

もしかするともう少し履いてみるとまた、違った感覚が出てくる可能性があります。

また、その時には報告させていただきます。

是非スポーツCVにお越しいただき、「サッ」「スーッ」を体感してみてください!(私の感覚なので共感してくださる方がいらっしゃったら嬉しいです。)

3

もし「サッ」「スーッ」以外のものを感じられたらコメント頂ければ嬉しいです♪

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

ビモロシューズって??

こんにちは。店長の中村(勇)です。

最近巷を賑わせているシューズがあります。それが「ビモロシューズ」です。
現在、シーブイではランニングシューズと野球のスパイクを在庫しておりますが
今回はランニングシューズの方にスポットをあててみたいと思います。

BEMOLOシューズ

ランニングシューズは全部で5色。デザインも非常にオシャレですが注目していただきたいのはその性能!!
ワールドウィングの小山氏が提唱する初動負荷理論に基づいて作られたシューズです(初動負荷理論とはあのイチロー選手や山本昌選手も取り入れているトレーニング理論)。

今までのランニングシューズはというと、各メーカーさんが軽量性やクッション性、フィット感などをとにかく競いまた進化させてきました。もちろん今回ご紹介するビモロシューズも軽量ですしクッション性、フィット感共に優れているのですがそれ以上に凄い機能が備わっています。

なんと、足が勝手に前に進むんです!!

厳密にいうと「勝手に」は少し盛りましたが(笑)非常に前に進みやすくなるんです!!

僕自身、店頭で幾度となくこのフレーズを言ってきましたが皆様一様に「そんな馬鹿な(笑)」とおっしゃいます(^^)/

しかし実際履いて数歩だけ歩いていただくとほぼ100%「なにこれ!?本当に前に進みやすい!!」とおっしゃっていただけます。

その秘密がこれ↓

BEMOLOシューズ2

BeMoLoバーと呼ばれる踵から第4指(薬指)に向けたバーとその左右両端からなる3本のバーがこの前への進みやすさを促しています。

人間は本来、着地の際に体重の数倍の負荷をその足に受けます。その負荷をクッション性というもので吸収しようと取り組んでいたのが従来のランニングシューズ。ビモロシューズはその負荷の方向性を変えてあげることにより前への推進力へと変えました。

そもそもが地球上では衝撃だったり負荷を受けなければ前へと進むエネルギーを得ることは出来ません。衝撃や負荷をクッショニングで緩衝するということはそのエネルギーを吸収してしまっているということになり、非常にパフォーマンス的には勿体ないことをしていたのです。また、前述したように各メーカーさんがしのぎを削ってクッション性の開発も進めてきていましたが、選手の肩や肘、ヒザ・踵・腰といった怪我などは一向に減りません。

ビモロシューズは負荷や衝撃の方向性を変えてくれるので自然と正しい歩き方や走り方が身に付き、故障も少なくなります。私自身が体験したところによると、足圧を測定していただき某メーカーさんのシューズとビモロとで歩き比べると明らかに圧の流れが変化しており、ビモロの方が自然に踵から外側縁(小指・薬指側)に移動し拇趾球を経て第1指(親指)へとスムーズに抜けていました。某メーカーさんのほうでは同じように踵から着くのですが踵から外側縁に抜ける際にそのクッション性が邪魔をしているのか流れを明らかに止めていました。せっかくの力の流れがスムーズに伝わっていなかったのです!

百聞は一見に如かず!!一度ご来店して、是非試し履きだけでもいいのでこのシューズを体験してみてください(^^♪

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村