革命グラブ考察

超野球専門店CVスタッフブログNo.74

こんばんは!店長ユウタの更新です。

今日は「革命グラブ」についての考察です。

以前、「革命グラブ誕生秘話」でご紹介しましたがなんと!!

本日あのトクサンTVで取り上げて頂けましたので急遽ブログ内容変更しました(笑)

動画はこちらをチェックしてくださいね。アニキがイイこと言うんです(;_;)

こちらはCVTK-6というモデルです。土手巻きはレギュラー巻きにし、手口のワイドさを軽減。しっかりと捕球しやすいモデルとなっており、どなたでも使用しやすいのではないかと思います(^^♪

革はジュテルレザーの「和牛」を使用!!革質的には最初は硬めですが馴染みがめちゃめちゃ良いです(^^♪

また、この「馴染み」も変に柔らかくなり過ぎずある程度の硬さを保ってくれる。。。「分かってるね!!」って言いたくなる革です!!

このような傷が入ってます!アップにしないと全然わからないくらいのレベルです。これを味と捉えられる人もいるという事ですね(^^♪

受球面はこんな感じです。片方のツノが折れた牛の刻印をあしらっております。これには隠れた意味もありまして、実はアルファベットの「J」「L」がこの牛の中に隠れています。非常に優れた革を作り続けていただいている「ジュテルレザー」さんへのリスペクトの意味がここには込められております。この刻印があるグラブだけが「革命グラブ」となります。

通常のATOMSさんのグラブにはもちろん傷は入っておりませんので、誤解無きようお願いいたしますm(__)m

「A Thankful Heart!」

「感謝の心」を持って「グラブを大切にしてくれる方」が、また「傷などに対して寛容な心を持てる方」が一人でも多く増えてくれればこの企画は大成功なのかなと思います。

下記URLからご購入いただけます(^_^)/

http://www.sportscv.jp/fs/yakyu/c/glove_kakumei
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

可動域のその先へ。。。

超野球専門店CVスタッフブログNo.70

こんにちは!店長のユウタです。

突然ですが皆さんはグラブを奥までしっかりとはめていますか??

こんな風にグラブから手が出ていませんか!?

またはこんな風に出ていませんか!?

それともこんな風に??

 

 

 

・・・守備の名手と言われる方々の画像集となってしまいました(笑)

 

 

 

上から

ロビンソン・カノー

今宮健太

荒木雅博

 

 

いずれも球界を代表する守備の名手ですね!!

そんな方々はこんなグラブの使い方をしているんですね~( ..)φメモメモ

 

人間の手首の可動域ってある程度決まってます。柔らかさの程度はあれどこんな感じです。

これ以上に角度出すために

グラブを浅く入れます(^^)/

グラブが立ちやすくなるんですね!!

正面から見るとこんな感じ。

グラブが寝てしまうと打球が自分の方に転がって走ってしまうのでファンブルしやすくなります。しっかりと立ててボールが収まりやすくなるように心がけましょう(^^)/

指導者の方やご両親の方で誤解されがちなのが、奥まで手が入らないからこのグラブはこの子には小さすぎるのでは!?というものです。

先に挙げたようにグラブを立たせやすくするための作りなので大きさとかではないです。子供さんの手を無理やり奥に突っ込ませないようにしてあげてください。

よくポロポロしてしまうのはそんなことも原因の一つかもしれませんよ??良かったら試してみてくださいね~(^^♪

可動域のその先へ行きたい方はポチッと下のボタンをお願いしますm(__)m

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

源田モデルグラブ考察

超野球専門店CVスタッフブログNo.67

こんにちは!店長のユウタです。前回の更新から間が空いてしまいましたがさっそく源田選手のグラブ考察いきたいと思います(^_^)/

言わずと知れた守備の名手である源田選手のグラブ。手を入れてみると人差し指に違和感が!?

源田選手の扱いが悪くボロボロになっていました。

・・・というのは冗談で、人差し指を出して使用するのですが捕球時にヘリ革が当たって痛いからとのことであえてヘリ革を外したそうです。

以前、プロ選手を担当していたあるメーカーの職人さんから聞いた話ですとコンマ一秒を争う世界で戦っている彼らは本当に急いで握り替えなくてはいけないとき、少し人差し指でボールを押し出すのだそうです。それよりも更に握り替えを早く出来る人は、薬指あたりで捕球し押し出すそうです。もうそこまでいくと捕球というよりは、本当に当てているだけなのだと思います。

話がそれましたが他にも気付いた点がございました。

これ。分かります??

ウェブの耳部分に通している紐ですがかなり緩めに通っています。これは使っていて伸びたわけではなく故意にそのようにしているらしいのです!

親指と人差し指をつなぐ紐もかな~り緩めに通ってますね!!

これはグラブとウェブが別々になっていないと、閉じたときにどうしてもウェブ部の硬さによって開閉が邪魔されてしまうらしいのでスムーズに行うためにこのような通し方をしているらしいです。

 

 

今日も勉強になりましたね!!(自画自賛)

 

 

勉強になったと思った方はコンマ一秒を争ってぽちっと下のボタンを押してください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

え!?中に塗るの!??|д゚)

超野球専門店CVスタッフブログNo.63

はい、どうもこんばんわ!ひろとです ^^) _旦~~

お久しぶりですねー(^^)/

皆さん、ちゃんとグラブのお手入れできていますか!?きちんとお手入れしている人でも、実はここあまりやってなくない!?というような忘れがちな部分ありませんかぁ!?!?・・・・

そーです、グラブの中(平裏部)ですね!

お手入れしてますかね!?捕球面、背面は綺麗なのに平裏だけパリパリ…なんてことになっていませんか(。´・ω・)!?

せんせーい、でも平裏にオイル塗るとベトベトなるじゃないですかぁ( ˘•ω•˘ )

確かにおっしゃる通りですね!でもね~、あるんですよ~、平裏に塗る専用のオイルが!!!(ΦωΦ)フフフッ

それが・・・これ!爽香守の平裏コンディショナー!!

これは、全然ベタ付きません!中身はこんな感じ!!

きれいですね(笑)成分も化粧品原料で全て構成されたものなのでベタ付かないのです!ベタ付かないので素手で塗ってOKです!もちろん、グラブは重くなりません!!

さらに…とてもいい匂い(*’ω’*)オレンジっぽい石鹸みたいな香りがします!(伝わるかなwww)

平裏部は手と接触する部分なので意外と痛みやすい部分ですし、また臭いもこもりやすいので手入れを怠らないようにしましょう(^^♪

お店のお手入れコーナーにサンプルもありますので、ぜひ1度使ってみてください(`・ω・´)ゞ

でわでわぁ~(^.^)/~~~
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

プロの技

超野球専門店CVスタッフブログNo.61

どうも! ツバサです!!!

3/10,3/11のZETTデーはとても大好評でした。

ご来店してくださった皆さんありがとうございましたm(-  -)m

そんな大好評だったZETTデー、実はものすごい方がいらっしゃってたんです!!!

ZETTが誇るグラブ職人の角正さんです!!!  実はこの角正さん、ZETTの契約選手のグラブの多くを担当していらっしゃるという、本当にすごい方。  お客さまのグラブの型付けをさせて頂いている僕らからしたら神ですね、、、

そんな角正さんに当日大変興味深いお話を聞かせて頂きました。

まずは先日の店長のブログにあった「グラブにポケットは作ってはいけない」ということ。  こちらは超野球専門店CVスタッフブログNo.60 「守備の名手が使うグラブ」を参照とさせていただきます。

そしてもう一つが、グラブの握り方(型の付け方)についてです。

 

まずはみなさん、下の写真のように手を閉じた状態で手首を振ってみましょう、、、  その感覚を覚えておいてくださいね!

 

次に完全に脱力して同じように振ってみてください!

 

↑のような形になって、しかも閉じて振った時よりも滑らかに振れませんでした!?

 

実はこれ、手の神経に関係しているんです!  手を閉じてしまうと、手の中央を通っている正中神経をつぶしてしまうため、固まってしまいスムーズに動かなくなってしまうのです。   正中神経は、手だけでなく、肩の方にまでつながっているので、自ずと腕全体が固まってしまいます。   そうなると、守備の時に腕~手までが固まり動きが固くなってしまうのです!!!

 

ではどうすれば?

極端な話、プロの選手は捕球するときに意識して握らないんだそうです、、、

唖然ですよね(笑)  グラブって握って捕るためにあるんじゃないの!?

ただ覚えておいてほしいのは、あくまでもプロレベルでの話という事です、、、(笑)

 

先ほどの脱力して手を振ってできた形が、人間が一番柔らかく手を使える形なんです。   プロのグラブはすべてそのような型になっているから、あんなに柔らかいハンドリングが出来るんですね!(もちろん技術ありきです)

角正さんにどうやってそのような型に仕上げているのか聞いてみたところ、、、、「企業秘密です」って言われちゃいました(笑)  そりゃそうですよね(--)

よーーーーし、自分で見つけ出してやる!!!

ありがとうございました^^

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

守備の名手が使うグラブ

超野球専門店CVスタッフブログNo.60

こんにちは!店長のユウタです。

皆さんお待ちかねの「守備の名手と言われる人はどのようなグラブを使っているのか!?」のコーナーです!!

本日ご紹介するのはこちら(^^)/

ジャン!!

言わずと知れた守備の名手、西武ライオンズの源田壮亮選手のグラブです。

ゼットさんのオーダーグラブで数あるプロモデルの中でもNO.1で出ているモデルがこの源田選手のモデルのようです(*_*;

それでは早速受球面を見てみましょう(^^♪

親指・小指をくっつけて取るというよりかは中指と薬指の間あたりに親指が来るような形に型付けされています!間口は広めですね。多少のイレギュラーでもボールが入ってくれそうな広がり方をしています( ..)φメモメモ

ポケット位置は強いて言うなら人差し指の下あたり、もしくは手の平中央くらいでしょうか?

強いて言うならという妙な言い回しでしたがこれには理由がございます。。。

この源田選手のモデルを実際に作製・型付けまで行っているゼットの職人さんに直接話をお伺いしたのですが、「ポケットは作らないようにしている」という驚きの発言が出てきました(; ・`д・´)

ポケット作らないというのはどういう事!?

職人曰く、「ボールが受球面に当たったところの、どの位置でもそこでビシッとボールが止まるように出来ているんです。土手でも、手のひら中央でも、薬指の下でも。だから、逆に一点にポケットが出来ていたらそこにボールが転がってしまう。そうすると握り替えをするのに手間取る。」ということらしいのです(*_*;

口で説明するのは簡単ですが、実際にこのような型に仕上げるというのは非常に難しいものがありますし、使い手にも相当な技術が必要だと思われます。また、グラブ革の素材もしっかり吸い付くような最高級皮革でなければボールを弾いてしまう事でしょう。

「使い手」「職人」「素材」の3つが上手い事合わさるとこのようなグラブが生まれるのでしょうね(*´з`)

他にも色々な発見があったのですが長くなるのでそれはまた次回にしましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

革命グラブ誕生秘話

超野球専門店CVスタッフNo.56

こんばんは!店長のユウタです。

本日はFacebookやTwitterで先日投稿しました革命グラブについて少しお話しようと思います。

 

今、グラブの製作現場で大きな問題となっていることがあります。
それは牛の皮に付いている「傷やシワ」です。この「傷やシワ」のある革をメーカーは買い取ってくれません。多くのそうした皮革はタンナー(皮を鞣して革にする職人さん)の不良在庫として残ってしまっているのが現状です。タンナーも商売ですから、その不良在庫で出た損失を穴埋めするためにキレイな革を値上げせざるを得ないという負のスパイラルが生まれているわけです。これらが近年のグラブ価格高騰の一因となっています。

しかし、これらの「傷やシワ」のある革は表面上の問題だけであって実使用する分には全くもって問題ありません。そして今回の革命グラブはグラブレザーでは定評のあるタンナーの、しなやかながら頑強な鞣し力のある革で作られていますので、革質も最高品となっています。和牛とフィニッシュエアシャーの二種類で展開しており、どちらも耐久性抜群かつ軽量(普通は耐久性と軽量性は相反するもの)!!そして非常に手になじみます。

また、今回の「革命グラブ」は傷の有無によって使用する革の場所を変えるのではなく、各パーツに最も合う場所で裁断を行う「最適裁断」によってグラブの本質を追及しました。グラブは各パーツによって柔らかい部位を使用したほうがいい場合としっかり感のある部位を使用したほうがいい場合とがあるのです。

今回の「革命グラブ」は1つの問題提起であり、本当の意味での良品への挑戦でもあります。牛の「命」をいただいて作られた「革」ですから少しも無駄にすることは出来ませんし、「感謝の心」を持って大切にしなければなりません。多くの方にこの現状を知っていただき、本当に良いグラブとは何かを考えるきっかけになっていただければ幸いです。

下記URLからご購入いただけます(^_^)/

http://www.sportscv.jp/fs/yakyu/c/glove_kakumei
ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

実際土手ってどーなの!???|д゚)

超野球専門店CVスタッフNo.55

どうも、こんばんわ!ひろとです ^^) _旦~~

少しずつですが暖かくなってきましたね(^^♪

…….か、花粉が出てきましたね(;_;)もう、くしゃみしまくりですww

花粉症の方は早めに薬もらっといた方がいいですよ~!(笑)

さてさて、今回はですね~

ずばり!グラブの型付けのとある部分についてピックアップしたいと思います。

さて、この写真のような土手の部分、柔らかくするか、硬いまま残すのか・・・・・よくきかれます(笑)これについての自分なりの見解を書きます。あくまで、自分個人の考えです。

結論から言うと・・・グラブによります!もっと、言うとグラブのメーカー、形、使い手によって変わります!!

( ˘•ω•˘ )「その答え逃げてません!?」

確かに、逃げてるかもしれませんね(笑)すこし、詳しく言いましょうかぁ。

例えばですけど、ボールをしっかりと掴むグラブに関しては土手を少しほぐします。これとは反対に、いわゆる当て捕りのような浅いグラブ、親指以外の4本指をメインに使うグラブは土手はほぐさなくても良いと思います。

( ˘•ω•˘ )「なんでですかぁ?」

写真を見てもらえばわかるように、親指も使ってものを掴むとき自然と土手のとこが曲がりますよね!?そしたら、柔らかくした方がよくないですかぁ!?一方で,4本指でボールを捕りにいくとき、土手は動きませんね!?なら、そのままでもいいんじゃないですかね!?

外野用のような縦に閉じる型は土手を残すことが多いですね。ただし、その土手部分を柔らかくせずに無理に型を付けようとすると、捕球面に変なしわが寄ったりしますので注意しましょう!!

どうでしょうか?答えになっていましたかぁ!?(笑)

ようは、総合的に考えてどのグラブにも当てはまる万能な答えを出すとしたら、

「土手は少し柔らかくする」のが個人的にはベストだと思っています。

ちなみに柔らかくし過ぎるのは、型崩れの原因となる可能性があるので注意しましょう!!

でわでわ、今日はこの辺で(●´ω`●)

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

こんな修理できます part5

超野球専門店CVスタッフブログNo.47

こんにちは、ともです。

今日もこのシリーズやっていこうと思います。

今回はなかなかのグラブオタクの方からの要望で

小指掛けを移植手術することになりました(笑)(*´▽`*)

小さいグラブを求めるあまりに、少年用に行き着いた、まではよくありますね

でもこのお客さんはここからがすごいです(笑)

では見ていきましょう!!

DSC_0079

この指掛けが気に入らなかったみたいですね(笑)

中を開いて見てみると、こんな感じでした、

DSC_0080

どこがどうなっているやら|д゚)

とりあえず指掛けを一度取り外します、☜(結構大変でした)

イメージは小指側の穴から出して、普通のグラブのような感じにしたいのです(´・ω・)

 

取った指掛けの長さ調整して、普通のグラブと同じような箇所に縫い合わせます。

DSC_0082

平裏側の画像はこちら↓↓↓

DSC_0083

絶妙な位置にきました。

長さ完璧や!!!!!!(*’ω’*)

これで移植手術完了!わたし失敗しないので!(ドヤ顏)

ですが、このお客様はこれで終わりません(*_*;

DSC_0084

このグラブから。紐全交換!!

DSC_0089

さらに、さらに匠仕上げ!!

DSC_0090

これで完成です(´・ω・)

「やばっ!!!めっちゃいい!!」っておっしゃってくれました(^^)/

いやぁ~良かった良かった!

ではこの辺で

 
ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

こんな修理もできます part4

超野球専門店CVスタッフブログNo.44

こんにちは、ともです。

今回もお馴染みの修理できますシリーズ、やっていこうと思います。

今日はこちらの修理!!

じゃじゃん!!!(◎_◎;)

DSC_0069

ウェブ下交換修理ですね、

当て革して補強もできますが、今日は

切れた部分をそのまま新しいのに交換しますよ!

はい、こちらが革です!

DSC_0070

穴あけてありまーす!

古い物と、新しい物

こんな感じで同じように革を用意します。

DSC_0071

ゴムのりでヘリ革を付けて、二つ穴の方を先に縫っていきます。

DSC_0072

DSC_0073

片方が縫えたら

エイチウェブの上側の「T」になっている部分をゴムのりで固定し

下側と一緒に縫っていきますよ。

DSC_0074

DSC_0075

はい、完成です!!(´・ω・)

これはかなり簡単な修理で、どこのお店もやってると思いますが、

普段グラブ修理しない人はこんな事できるんだなぁと思っていただければと思います。

 

次はどんな修理がくるかな??

ではまた来週!

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村