プロの技

超野球専門店CVスタッフブログNo.61

どうも! ツバサです!!!

3/10,3/11のZETTデーはとても大好評でした。

ご来店してくださった皆さんありがとうございましたm(-  -)m

そんな大好評だったZETTデー、実はものすごい方がいらっしゃってたんです!!!

ZETTが誇るグラブ職人の角正さんです!!!  実はこの角正さん、ZETTの契約選手のグラブの多くを担当していらっしゃるという、本当にすごい方。  お客さまのグラブの型付けをさせて頂いている僕らからしたら神ですね、、、

そんな角正さんに当日大変興味深いお話を聞かせて頂きました。

まずは先日の店長のブログにあった「グラブにポケットは作ってはいけない」ということ。  こちらは超野球専門店CVスタッフブログNo.60 「守備の名手が使うグラブ」を参照とさせていただきます。

そしてもう一つが、グラブの握り方(型の付け方)についてです。

 

まずはみなさん、下の写真のように手を閉じた状態で手首を振ってみましょう、、、  その感覚を覚えておいてくださいね!

 

次に完全に脱力して同じように振ってみてください!

 

↑のような形になって、しかも閉じて振った時よりも滑らかに振れませんでした!?

 

実はこれ、手の神経に関係しているんです!  手を閉じてしまうと、手の中央を通っている正中神経をつぶしてしまうため、固まってしまいスムーズに動かなくなってしまうのです。   正中神経は、手だけでなく、肩の方にまでつながっているので、自ずと腕全体が固まってしまいます。   そうなると、守備の時に腕~手までが固まり動きが固くなってしまうのです!!!

 

ではどうすれば?

極端な話、プロの選手は捕球するときに意識して握らないんだそうです、、、

唖然ですよね(笑)  グラブって握って捕るためにあるんじゃないの!?

ただ覚えておいてほしいのは、あくまでもプロレベルでの話という事です、、、(笑)

 

先ほどの脱力して手を振ってできた形が、人間が一番柔らかく手を使える形なんです。   プロのグラブはすべてそのような型になっているから、あんなに柔らかいハンドリングが出来るんですね!(もちろん技術ありきです)

角正さんにどうやってそのような型に仕上げているのか聞いてみたところ、、、、「企業秘密です」って言われちゃいました(笑)  そりゃそうですよね(--)

よーーーーし、自分で見つけ出してやる!!!

ありがとうございました^^

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

実際土手ってどーなの!???|д゚)

超野球専門店CVスタッフNo.55

どうも、こんばんわ!ひろとです ^^) _旦~~

少しずつですが暖かくなってきましたね(^^♪

…….か、花粉が出てきましたね(;_;)もう、くしゃみしまくりですww

花粉症の方は早めに薬もらっといた方がいいですよ~!(笑)

さてさて、今回はですね~

ずばり!グラブの型付けのとある部分についてピックアップしたいと思います。

さて、この写真のような土手の部分、柔らかくするか、硬いまま残すのか・・・・・よくきかれます(笑)これについての自分なりの見解を書きます。あくまで、自分個人の考えです。

結論から言うと・・・グラブによります!もっと、言うとグラブのメーカー、形、使い手によって変わります!!

( ˘•ω•˘ )「その答え逃げてません!?」

確かに、逃げてるかもしれませんね(笑)すこし、詳しく言いましょうかぁ。

例えばですけど、ボールをしっかりと掴むグラブに関しては土手を少しほぐします。これとは反対に、いわゆる当て捕りのような浅いグラブ、親指以外の4本指をメインに使うグラブは土手はほぐさなくても良いと思います。

( ˘•ω•˘ )「なんでですかぁ?」

写真を見てもらえばわかるように、親指も使ってものを掴むとき自然と土手のとこが曲がりますよね!?そしたら、柔らかくした方がよくないですかぁ!?一方で,4本指でボールを捕りにいくとき、土手は動きませんね!?なら、そのままでもいいんじゃないですかね!?

外野用のような縦に閉じる型は土手を残すことが多いですね。ただし、その土手部分を柔らかくせずに無理に型を付けようとすると、捕球面に変なしわが寄ったりしますので注意しましょう!!

どうでしょうか?答えになっていましたかぁ!?(笑)

ようは、総合的に考えてどのグラブにも当てはまる万能な答えを出すとしたら、

「土手は少し柔らかくする」のが個人的にはベストだと思っています。

ちなみに柔らかくし過ぎるのは、型崩れの原因となる可能性があるので注意しましょう!!

でわでわ、今日はこの辺で(●´ω`●)

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

タテヨコ

超野球専門店CVスタッフブログNo.43

こんばんは。店長のユウタです。

最近、店頭で投手用グラブの接客をする機会が多かったので今回は投手用グラブについて取り上げてみます。

投手用グラブは大きく分けて2型に分かれます。

タテ握り型ヨコ握り型です。

 

<タテ握り型>

こちらの型は縦長でフィールディングも重要視したいというピッチャー向けというのが特徴です。タテ握り型のグラブを使用しているあるプロ野球選手の話では投球時に右手人差し指と中指でボールを握りつぶすようなイメージで投げているらしく、それと連動して左手にはめてるグラブも「グッッ!!」と自分に引き込みながら右手のボールをつぶすイメージと同じようにつぶしながら投げているようです。人間の身体は右と左でその動作は連動しますから、右と左で同じように使った方が力が入って安定するというのは一理あるかもしれませんね。

<ヨコ握り型>

こちらの型はウェブ下深めにポケットを作りやすいのと、どちらかというと投球時のバランスを考えた型となっています。握り込みやすいのが1つ大きな特徴で、自分に引き込んだ時に邪魔にならず投げやすいです。タテ握り型よりもヨコ握り型の方が握り込む力の恩恵は受けやすいので力は入りやすいですが、その分ブレも大きくなりますので安定感に欠く場合があります。ヨコに振りすぎないように注意が必要です。

グラブを選ぶときは自分がどちらの使い方が適しているのかをしっかり把握し、その上で選ぶ必要があります。グラブには基本形というのがあるので、基本形がガッツリタテ握り型のものなのに無理にヨコ握り型にしようとするとどうしてもいびつな型になりますし、使い勝手もよくありません。必ずお店の人と相談して自分がどういったグラブが合うのか決めていきましょう。

 

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

グラブの親指。

超野球専門店CVスタッフブログNo.36

お久しぶりです。店長のユウタです。インフルエンザB型で長期離脱しておりました。関係者各位様には大変ご迷惑をお掛け致しました。この場を借りてお詫びいたしますm(_ _)m

さて、今回のテーマですが「グラブの親指」です。

親指の型の付け方でグラブは大きく変わります。ここで大切なのは親指の「向き」です。

写真を見て分かるように親指以外の4本の指は自分の方に指の腹が向きます。

親指の腹だけが小指側へと向いているのです。この指の向きによって力の働く向きも変わります。グラブの型がこの指の腹の向きと合っていないとうまく力が伝わらず、開閉しづらいグラブとなってしまいます。逆にこの親指がビシッと極まれば手にフィットして力が伝わり開閉が非常にスムーズになります。

もちろんこれだけが全てではないですが、当店で型付けする上で大切にしていることの紹介でした。
ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

グラブの深くて浅い!?お話

超野球専門店CVスタッフブログNo.16

こんにちは!店長のユウタです。今日はグラブの深くて浅いポケットのお話です。

ポケットが浅いとか深いとかは正直その人の感じ方にもなりますので、あくまで参考程度にご覧いただければなと思いますm(_ _)m

ポケットって結局はグラブの受球面に出来るくぼみのことですよね。このくぼみがよりくぼんでいるとポケットが深いくぼみが無いと浅いポケットとなります。

 

僕の手です(笑)指を伸ばした状態。これがポケット浅い状態。ボールを捕る手の平にくぼみはありません。

 

そしてこれがポケット深い状態。指を曲げて手の平にくぼみを形成してます。

 

比較対象をよりはっきりさせるため極端な例ですが、ポケット浅いグラブ。

ポケット深いグラブ。

 

どちらがいい。どちらが悪いではありません。プレーヤー自身がどちらの方が使いやすいのかということです。浅い方がボールを握り替えやすいから使いやすいのか、それとも深い方がしっかり捕れて安心して送球動作に入れるからいいのか。

結果としてランナーが到達するより早く、目標にボールを届けられればいいのです!!

ちなみによく見かけるこの動作!

指を曲げるのでポケット深くなります。ポケット浅めに作りたい方は指を逆に伸ばした方がいいですよ~。その際は微妙な指間の紐調整なども必要ですが、その話はまた今度。

 

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村