歯の重要性!

超野球専門店CVスタッフNo.58

どうも! 身体と野球の関係性担当ツバサです。

今回は、野球における「」の重要性についてです。

 

皆さん歯磨きはちゃんとしてますか!?  歯並びに気は遣っていますか!?

歯って野球において、本当に重要なんです!!!

 

ここであるエピソードを、、、

・世界のホームラン王、王貞治さんは現役引退のころには奥歯がボロボロになっていた。

・イチロー選手は一日に5回歯磨きをする

・新庄剛志選手は現役時代に2000万円かけて歯の整形をした

 

これらのことから分かるのは、歯には物凄い負担がかかっているという事。 だからアスリートはみんな歯に気を遣っている。

これはプロ野球界のデータになりますが、150km/hの球を打ち返すときに奥歯にかかる力は、、、、、

なんと1トン!!!!!   そりゃボロボロになりますわ(笑)

野球に限らず、普段重い荷物を運ぶとき、歯を食いしばりますよね?  その時でさえ100キロの負担が奥歯にかかっています。

 

ではなぜ、大きな力を生み出そうとするとき、人は歯を食いしばるのか!?

 

それは、奥歯を強く噛みしめることで

重心が安定する

脳、筋肉へ強い刺激を与える

集中力UP

身体が安定しスムーズに動く、より大きな力が生まれる

からなんです。

「あ!だからプロ野球選手って試合中ガム噛んでるのか!!!」

↑ただおいしいから、噛んでたらかっこいいから、噛んでるんじゃないんですよ!!(ベンチに吐き捨てたりしてるのはどうかと思いますけどね(笑))

でもそれって誰かに教わりました?  「力入れるときは歯を噛みしめなさい」なんて言われたことないですよね?  (あったらごめんなさい(笑))

でも意識しなくても身体が勝手にやってくれているんです。  そうしたら力が入るって潜在的に分かっているんですね。

重心が安定する理由は、顎のすぐそばに「三半規管」という平衡感覚を司る器官があるんです。  そこに強い刺激が伝わることにより、安定し、身体の末端まで力が伝わるんです。

こんなに重要だから、アスリートは歯に気を遣っているんです。  小さな頃から歯のケアを怠らず、歯列矯正もしてたりもします。

あとは歯並びが悪いと肩こりや腰痛、首痛になりやすく、集中力も途切れやすかったりと良いことがないです。

 

でも歯列矯正ってお金もかかるし、なんか見た目もやだなーって人いると思います!

そんな方にはこんなものがおすすめです。

マウスガード(マウスピース)です!!!

自分の歯並びに合わせて成形できて、比較的安価にパフォーマンスUPにつなげることが出来ます。  あとは外部からの衝撃からも守ってくれちゃいます。

 

最後にもう一度聞きます。

皆さんは歯に気を遣っていますか!?

野球における歯の重要性に気づいていただけたら嬉しいです(^^)

一度歯医者さんに相談してみるのもいいかもしれないですね!!!

読んでいただきありがとうございました^^

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

プロテインを飲むと身長が伸びなくなる!?

超野球専門店CVスタッフブログNo.52

どうも!  身体と野球の関係性担当ツバサです。

今回は前回の「身長を伸ばしたいそこのあなたへ」に出てきた、「プロテインを飲むと身長が伸びなくなる」について、掘り下げていこうと思います。

実はこれ、間違いだし間違いじゃないんです!!!

おいおいどっちなんだよ、、、(笑)

 

まずはなぜ間違いなのか?  それは前回も書かせていただいた通り、プロテインにはたんぱく質やカルシウムといった身長を伸ばす土台となってくれ、手助けをしてくれる成分が豊富に含まれているんです。  むしろ飲んだ方が伸びるんですよ!!!プロテインには筋肉を大きくする効果はもちろん、疲労回復効果、栄養効果と簡単に書き出してみてもこれだけあるんです!

次になぜ間違いではないのか?  それは、確かに「伸びなくなる」という事実もあるからです。   でもそれは、プロテインが悪いのではなく、トレーニング内容がいけないんです!!!

というのも、成長期の子供は大人と同じ量のタンパク質を必要とします。 それなのにそこに過度な負担をかけると、傷んだ筋肉を回復しようと、どんどんたんぱく質が使われてしまうんです(T T)  だから本来成長に使われるべき、たんぱく質が無くなっちゃうんですね。

過度なトレーニングをする→プロテインを飲む→身長が伸びない=プロテイン飲んだら身長伸びなくなっちゃったじゃん!!!   という具合にこの勘違いが生まれたんですね、、、(笑)

でも過度なトレーニングって!?

まあ簡単に言うと、ボディービルダーやアスリートみたいに限界まで自分を追い込むことですかね、、、

何事も適度に。 ということですね(笑)

 

成長期の体に無理は禁物です!!!   ただ日頃のトレーニングがものを言うのも事実、適度なトレーニングと栄養補給(プロテイン摂取)で大きな身体づくりをしましょう!!!

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

身長を伸ばしたいそこのあなたへ!!!

超野球専門店CVスタッフブログNo.48

どうも!!!

身体と野球の関係性担当のツバサです。

今回のテーマは「身長」です

身長が伸びなくて悩んでいる方、お子様の身長を伸ばしてあげたいお父さん、お母さん、必見のテーマですね!!!

身長は男性25歳、女性23歳まで(個人差あり)は伸びる可能性があるといわれているんです!!!

 

一般的に、身長を伸ばす方法として知られているのは

・よく寝ること

・牛乳を飲む(乳製品を摂る)

などでしょうか?

もちろん正解です!!!

ただ、なぜそうしたら伸びるのかまで知っていますか?

よく寝ることが大事なのは、寝ている間(特に22時~深夜2時←ゴールデンタイムといわれている)に成長ホルモンが分泌されるからです。

「寝る子は育つ」←本当なんですよ!?

そこでご自身の、そしてお子さんの生活を見直してみてください、、、

社会問題にもなっていますが、最近の子たちは夜遅くまでゲームをしていたり、動画サイトを観ていたり、スマホをいじったりしていませんか?

ゴールデンタイムにベッドに入ってスヤスヤ眠れていますか?

出来ている子たちは少ないのではないでしょうか?

 

次に乳製品を摂ること。

こちらは背が伸びるというよりは、骨を太く強くしてくれる感じですかね。

前回の「肩が痛い、、、」で書かせていただいたように

背が伸びる=骨が伸びる  なんです!!!

子どもの骨には骨端線という軟骨があり、大人になるにつれて閉じてなくなってしまいます。その骨端線の手助けをしてくれるのが乳製品(カルシウム)なんですね。

 

あと、よく言われているのが、「小学生からプロテインを飲むと身長が伸びなくなる、、、」←これ大きな間違いです!!!

むしろ逆!!!

飲んだ方がいいんです。

というのも、プロテインにはタンパク質やカルシウムといった身長を伸ばすのに重要な成分が豊富に含まれており、それを効率よく摂取できるんです。

しかも筋肉も大きくなる、、、

CVの2階で小学生~中学生を対象とした野球スクールが行われているのですが、練習の後にみんなプロテインを飲んでいますよ!!!

 

技術があっても身長が低くてプロに行けなかった選手も数多くいます。

せっかくうまいのにもったいないですよね!!!

 

CVではこんな商品を取り扱っています。

 

「身伸革命-High Grade-」

こちらは深海魚や海藻の成分が豊富に含まれており、身長を伸ばすための手助けをしてくれるサプリメントです。

※詳しい成分の説明などは超野球専門店CVスタッフブログNo.21「噂の身伸革命とは?なんですの?」に載っていますのでそちらもぜひ(^^)!!!

クスリではないので100%伸びる!!とは言い切れませんし、効果にも個人差があり、実感するまでには3か月は飲み続けていただきたいです。

ここまで聞くと「胡散臭いなぁ、、、」って感じですよね(笑)

ただ、続けてくれている強豪校の選手などからも「効果を実感しています!!!」とのお声をいただいています(^^)

これを機に、ご自身の、そしてお子さんの身体について改めて考えてみませんか!?

詳しくは店頭のスタッフにお気軽にお尋ねください(^^)

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

肩が痛い、、、、、

超野球専門店CVスタッフブログNo.45

どうも!

身体と野球の関係性担当ツバサです。

 

今回は悩んでる方も多いのではないでしょうか?

投球時の肩の痛みについてです!

その中でも15歳までの子供達に当てはまる「リトルリーガー肩」についてお話していこうと思います。

野球をやられているお子さんがいるお父さん、お母さん必見です!!!

そもそも「リトルリーガー肩」とはなんなのか?

成長期の子供の骨には、骨端線と言われる軟骨があります。

↑左が子供、右が大人

この骨端線は大人になるにつれて自然と閉じてなくなってしまいます。

骨端線は軟骨なので、普通の骨よりも格段に柔らかいです。

そこに繰り返し大きな負担がかかることによって損傷してしまうのが「リトルリーガー肩」です。

特に野球は同じ動作を繰り返すスポーツなので他のスポーツに比べて負担はより大きなものになります。

骨端線は成長に大きく関係していますので、損傷を繰り返したり、放っておいたりすると、成長に大きな障害を及ぼすことは言うまでもありません。

 

治療法は?????

 

 

 

 

残念ながら安静&リハビリしかありません。

軽くても三か月、重いと半年、そこから完全復帰までは一年かかると考えてください。

一年間野球ができない重大さ、、、

中学生で考えてみると、周りの子達の半分の期間しか野球ができないことになりますよね。

 

もちろん過度な投球も一因なのですが、一番の原因は、肘が下がることによって肩に必要以上に負担がかかってしまう事です。

肘が下がる原因として、肩関節が固いことが挙げられます。

日々のストレッチで改善できますし、ある雑誌のデータによると、強豪校の選手たちは、水泳をやっていた子が多いというデータがあります。

肩が痛いとそれをかばってフォームを崩したり、また別の部位を痛めたりと悪い事しかありません。

痛めないように日々のケア、正しいフォームを身に付けることが一番ですね!!!

CVではケア用品やサポーターなども、もちろん取り扱っています!!!

これから対外試合も始まってくる頃かと思います、この機会にお子さんの体について考えてあげてください(^^)

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

引く!引く!引く!!!!!

超野球専門店CVスタッフブログNo.41

どうも(^^)

身体と野球の関係性担当のツバサです!

 

今回のテーマは「引く!」です。

引く」から連想される野球のシーンとはどのような場面があるでしょう!?

 

 

投球時(送球時)の利き腕を後ろに引く

打撃時のテイクバック

これらのシーンで一番大事な役割を担っている筋肉とは?????

 

 

 

 

 

背筋です!!!!!

背筋は背中にある複数の筋肉の総称です。

以前、書かせていただいた、「大腿四頭筋」と同じような感じです。

背筋の役割は、「腕を引く、回す、振る」などです!

野球における「引く」は基本的には「力を入れる(溜める)」時に多く用いられますね!!!

 

ということは?

背筋を鍛えれば、それだけたくさん(大きい)力を溜められますし、上半身の安定感も増します。

 

溜めた力が大きければ大きいほど放出される力も大きくなる・安定感が増す=「飛距離UP」「球速UP」「コントロールUP」につながります!!!

 

他にも背筋を鍛えるメリットとして

腰痛軽減

ウエストの引き締め

姿勢改善

腰痛もちや猫背でお悩みの方

女性にも嬉しい限りですね(^^)

 

ただ覚えておいていただきたいのが

「背筋だけを鍛えれば良い」というわけではない!!!

ということです!!!!!

 

背筋を鍛えるのならば、同時に腹筋も鍛えましょう!

目安としては  腹筋:背筋=3:7 が理想と言われています。

背筋だけを鍛えていてもただバランスの悪い身体になるだけで、いくら大きな力を溜められてもそれをうまく使えません。

頑張っているのにもったいないですよね、、、、、

せっかく頑張るのなら、その力をうまく使えるバランスのいい身体作りをしましょう!!!

野球における「引く力」の重要性と背筋の関係についてお分かりいただけたでしょうか!?

カッコイイ逆三角形目指しちゃってください(^^)
ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

体の中で最も大きな筋肉って?

超野球専門店CVスタッフブログNo.38

どうも! 本日のブログは身体と野球の関係性を担当するツバサです。

今回のテーマは体の中で最も大きな筋肉」です。

 

皆さんは「自分の体の中で最も大きな筋肉」がどこの筋肉か知っていますか?

それはズバリ・・・・・・・

 

 

 

 

大腿四頭筋です!!!

いわゆる太ももの前側の筋肉のことをいいます。

大腿四頭筋はその名の通り、太ももの4つの筋肉からなる筋肉のことをいいます。

大腿直筋(太ももの一番前)

外側広筋(大腿直筋の外側)

内側広筋(大腿直筋の内側)

中間広筋(大腿直筋の裏側)

の4つの筋肉が1つにまとまり構成されています。

大腿直筋が骨盤から、その他の筋肉が大腿骨(太ももの骨)から始まり、いずれの筋も、膝蓋骨(膝のお皿)で終わります。

これらの筋肉の役割は、膝を伸ばすことです。

膝を伸ばすという事=走る動作における蹴りだす動作につながるという事です!!!

これは野球における様々な動作につながることがわかりますね、、、

投球動作における軸足から踏み出す足への体重移動

打撃動作における軸足から踏み出す足への体重移動

盗塁時のスタート、また加速力

守備の時の打球に対する一歩目

野球における「一歩目」ってめっちゃくちゃ大切ですよね!!

もちろん大腿四頭筋だけでこれらの動作を行っているわけではありませんが、この筋肉だけでもこれだけの役割を担っているんですね。

 

監督やコーチに「冬は下半身を鍛えろ!!!」

なんてよく言われませんか?

ただ実際どこをどうやって鍛えたらいいの?って感じですよね(笑)

ウエイト?長距離を走りこむ?

もちろんそれも間違っていないですしそれぞれの良い点もあります。

ただ、一番効率がいいのは鍛えたい筋の役割に直結する動きです

今回でいえば、ダッシュジャンプなどの動きです!!!

ダッシュって辛いですよね(笑)

ただ、辛い=筋肉に効いているということなんです。。。

 

強豪校の選手やプロ野球選手って太ももふっっっっっっっっっといですよね(笑)

それはこの大腿四頭筋が野球において一番大きな役割をになっているからではないでしょうか?

 

下半身を鍛えることで「スイングスピードUP」「球速UP」「足も速くなる」

良いことづくめですね(^^)

(服選ぶとき困るけど、、、、、(笑))

 

この冬は下半身強化、特に今回お話しした「大腿四頭筋」に注目してみてください!

冬を越えたとき、自分の「一歩目」に驚いてください(^^)

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村