ビモロシューズって??

こんにちは。店長の中村(勇)です。

最近巷を賑わせているシューズがあります。それが「ビモロシューズ」です。
現在、シーブイではランニングシューズと野球のスパイクを在庫しておりますが
今回はランニングシューズの方にスポットをあててみたいと思います。

BEMOLOシューズ

ランニングシューズは全部で5色。デザインも非常にオシャレですが注目していただきたいのはその性能!!
ワールドウィングの小山氏が提唱する初動負荷理論に基づいて作られたシューズです(初動負荷理論とはあのイチロー選手や山本昌選手も取り入れているトレーニング理論)。

今までのランニングシューズはというと、各メーカーさんが軽量性やクッション性、フィット感などをとにかく競いまた進化させてきました。もちろん今回ご紹介するビモロシューズも軽量ですしクッション性、フィット感共に優れているのですがそれ以上に凄い機能が備わっています。

なんと、足が勝手に前に進むんです!!

厳密にいうと「勝手に」は少し盛りましたが(笑)非常に前に進みやすくなるんです!!

僕自身、店頭で幾度となくこのフレーズを言ってきましたが皆様一様に「そんな馬鹿な(笑)」とおっしゃいます(^^)/

しかし実際履いて数歩だけ歩いていただくとほぼ100%「なにこれ!?本当に前に進みやすい!!」とおっしゃっていただけます。

その秘密がこれ↓

BEMOLOシューズ2

BeMoLoバーと呼ばれる踵から第4指(薬指)に向けたバーとその左右両端からなる3本のバーがこの前への進みやすさを促しています。

人間は本来、着地の際に体重の数倍の負荷をその足に受けます。その負荷をクッション性というもので吸収しようと取り組んでいたのが従来のランニングシューズ。ビモロシューズはその負荷の方向性を変えてあげることにより前への推進力へと変えました。

そもそもが地球上では衝撃だったり負荷を受けなければ前へと進むエネルギーを得ることは出来ません。衝撃や負荷をクッショニングで緩衝するということはそのエネルギーを吸収してしまっているということになり、非常にパフォーマンス的には勿体ないことをしていたのです。また、前述したように各メーカーさんがしのぎを削ってクッション性の開発も進めてきていましたが、選手の肩や肘、ヒザ・踵・腰といった怪我などは一向に減りません。

ビモロシューズは負荷や衝撃の方向性を変えてくれるので自然と正しい歩き方や走り方が身に付き、故障も少なくなります。私自身が体験したところによると、足圧を測定していただき某メーカーさんのシューズとビモロとで歩き比べると明らかに圧の流れが変化しており、ビモロの方が自然に踵から外側縁(小指・薬指側)に移動し拇趾球を経て第1指(親指)へとスムーズに抜けていました。某メーカーさんのほうでは同じように踵から着くのですが踵から外側縁に抜ける際にそのクッション性が邪魔をしているのか流れを明らかに止めていました。せっかくの力の流れがスムーズに伝わっていなかったのです!

百聞は一見に如かず!!一度ご来店して、是非試し履きだけでもいいのでこのシューズを体験してみてください(^^♪

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

ソールクリーン

皆様こんにちは!!

外商部の内山でございます。

早いものであっという間に6月中旬になりましたね。

高校野球の夏の県大会もあと1か月弱で開幕になります。球児の皆様、3年生にとっては最後の夏。この2年半の成果を十分に発揮して戦い抜いていただきたいです。

6月といいますと梅雨、ジメジメとした気候が続きますね。
雨が降るともちろんグラウンドコンディションの悪い日も増えてまいります。

今回はそんなグラウンドコンディションの悪い日のイライラを解消してくれる商品をご紹介したいと思います!!

それがこちら

ドンっ!!

ソールクリーン1
一瞬これ何??と思われる方も、ああ、あれかとプロ野球中継などで見たことがある方もいらっしゃると思います。
そのあれです(笑)
ピッチャーマウンドの後に置いてあったりします。

つまりはスパイクのソールについた土や泥を簡単に落とせるすぐれものです。

先にグラウンドコンディションが悪い時と書きましたがもちろん状態が良い場合でもソールに土が付きます。今までは棒状の金具で叩いて落としたり、足を地面にバンバンと叩きつけて落としていたと思いますがその必要もございません。

ソールクリーン2ソールクリーン3

素材もゴム(ラバー)ですので危なかったり、ソールをキズつけてしまう心配もないですね!

ソールクリーン4

裏側もこんな感じですべり止めが付いているので使いやすいですね。

学生野球においてグラウンド内に置いておくのは難しいかもしれませんが、ベンチ内、ベンチ裏などに常備しておきますと大変便利な商品です!

ソールクリーン
品番:ZU4400
本体価格:¥4500
サイズ:33×31.8×3.5cm

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

ダイナマックス

外商部橋本です。

スポーツシーブイスタッフブログをご覧の皆様いつもありがとうございます。

今回は「ダイナマックス」について説明させていただきます。

「ダイナマックス」某野球メーカーより新発売の打ったボールがスゴク飛ぶバット!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ではございません。(笑)

陸上競技界では人気のNISHIスポーツから発売しているトレーニング用品です。

dynamax1

高校インターハイ優勝チームから地域の中学校まで幅広い層が採用している商品です。

簡単に説明しますと、全身を使ったトレーニングへ誘導する大型メディシンボール

◆サイズが全て35cmと大きいため、手投げでなく身体全体を使わないと上手にコントロールできないため効果的です。

◆抜群なクッション性のため、へこんでも元にもどります。

◆合成皮革とナイロン生地を丁寧に手作りで仕上げており、耐久性に富んでいます。

(ニシ・スポーツ ホームページより引用)

要するに大きくて柔らかい丈夫なメディシンボールなのです。

 

  • 大きい事のメリット

手投げではなく身体全身を使わないとうまく投げられないので身体全体の筋肉・体幹が同時に鍛えることが出来ます。同時に全身を使った動きが身に付きます。

 

  • 柔らかい事のメリット

素材が柔らかいので当たっても体を痛めることが少ないです。二人一組で行うトレーニングの際に思い切り投げても相手は受け止めやすい。投げる方も、受け止める方も全身を使ったトレーニングができます。

体を痛めることが少ないので、動きながらでも投げ、受け止めることが出来ますのでどの競技の選手でも「動ける体」をつくれます。

 

ダイナマックスの重さは2㎏・3㎏・4㎏・5㎏と体格、筋力、トレーニング方法などに合わせて選べます。

 

注意:メリットで「体を痛めることが少ない」と説明しましたが、最重量5㎏。軽いものでも2㎏ありますので間違った方法でのトレーニングや不注意による事故、怪我にはご注意ください。

主なトレーニング例として

dynamax2dynamax3dynamax4dynamax5

ポイントは各競技で実際に行う動作を意識してトレーニングを行う事です。

例:短距離走のスタートにおけるトレーニング方法

動画

いかがでしょうか。

動画では陸上競技をご紹介しましたが、陸上競技だけでなく、野球、バスケ、サッカー、バレー等々、どの競技にも効果的に筋肉、体幹を鍛えることが出来ます。

「ダイナマックス」
身体全体の筋肉・体幹が同時に鍛えることができ、「動ける体」が作れる大きくて柔らかい丈夫なメディシンボール。

チームで採用する際は是非スポーツシーブイまでご連絡お願いします。

また、スポーツシーブイでは商品の販売だけではなく、指導者講習会、栄養講習会等、   パーソナルトレーナーとのコラボ企画も行っています。

質問、疑問などがありましたらお気軽にご連絡ください。

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村