守備の名手が使うグラブ

超野球専門店CVスタッフブログNo.60

こんにちは!店長のユウタです。

皆さんお待ちかねの「守備の名手と言われる人はどのようなグラブを使っているのか!?」のコーナーです!!

本日ご紹介するのはこちら(^^)/

ジャン!!

言わずと知れた守備の名手、西武ライオンズの源田壮亮選手のグラブです。

ゼットさんのオーダーグラブで数あるプロモデルの中でもNO.1で出ているモデルがこの源田選手のモデルのようです(*_*;

それでは早速受球面を見てみましょう(^^♪

親指・小指をくっつけて取るというよりかは中指と薬指の間あたりに親指が来るような形に型付けされています!間口は広めですね。多少のイレギュラーでもボールが入ってくれそうな広がり方をしています( ..)φメモメモ

ポケット位置は強いて言うなら人差し指の下あたり、もしくは手の平中央くらいでしょうか?

強いて言うならという妙な言い回しでしたがこれには理由がございます。。。

この源田選手のモデルを実際に作製・型付けまで行っているゼットの職人さんに直接話をお伺いしたのですが、「ポケットは作らないようにしている」という驚きの発言が出てきました(; ・`д・´)

ポケット作らないというのはどういう事!?

職人曰く、「ボールが受球面に当たったところの、どの位置でもそこでビシッとボールが止まるように出来ているんです。土手でも、手のひら中央でも、薬指の下でも。だから、逆に一点にポケットが出来ていたらそこにボールが転がってしまう。そうすると握り替えをするのに手間取る。」ということらしいのです(*_*;

口で説明するのは簡単ですが、実際にこのような型に仕上げるというのは非常に難しいものがありますし、使い手にも相当な技術が必要だと思われます。また、グラブ革の素材もしっかり吸い付くような最高級皮革でなければボールを弾いてしまう事でしょう。

「使い手」「職人」「素材」の3つが上手い事合わさるとこのようなグラブが生まれるのでしょうね(*´з`)

他にも色々な発見があったのですが長くなるのでそれはまた次回にしましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

グラブの深くて浅い!?お話

超野球専門店CVスタッフブログNo.16

こんにちは!店長のユウタです。今日はグラブの深くて浅いポケットのお話です。

ポケットが浅いとか深いとかは正直その人の感じ方にもなりますので、あくまで参考程度にご覧いただければなと思いますm(_ _)m

ポケットって結局はグラブの受球面に出来るくぼみのことですよね。このくぼみがよりくぼんでいるとポケットが深いくぼみが無いと浅いポケットとなります。

 

僕の手です(笑)指を伸ばした状態。これがポケット浅い状態。ボールを捕る手の平にくぼみはありません。

 

そしてこれがポケット深い状態。指を曲げて手の平にくぼみを形成してます。

 

比較対象をよりはっきりさせるため極端な例ですが、ポケット浅いグラブ。

ポケット深いグラブ。

 

どちらがいい。どちらが悪いではありません。プレーヤー自身がどちらの方が使いやすいのかということです。浅い方がボールを握り替えやすいから使いやすいのか、それとも深い方がしっかり捕れて安心して送球動作に入れるからいいのか。

結果としてランナーが到達するより早く、目標にボールを届けられればいいのです!!

ちなみによく見かけるこの動作!

指を曲げるのでポケット深くなります。ポケット浅めに作りたい方は指を逆に伸ばした方がいいですよ~。その際は微妙な指間の紐調整なども必要ですが、その話はまた今度。

 

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村