グリス!?なにそれ???

超野球専門店CVスタッフブログNo.5

こんにちは!スタッフのひろとです!

今回は、グラブの内側に入っているグリスというものについて少しお話したいと思います。

グリスってなに!?聞いたことあるけど詳しくは知らない……という方もいると思います。

上の写真の白っぽい色のものがグリスです。グリスとは簡単に言うと、グラブの捕球面の表の革と裏の革をくっつける役割をもつものです。グリスは、グラブを使用していると徐々になくなってきます。なくなってきたと思ったら、グリスを足してあげる作業(グリスアップ)が必要です。しかし、ご自身でやるとなるとグラブの紐をほどいたりなかなか大変です。また、グリスを購入しなけらばなりません。当店では、そのような修理も承っています。もし、自分のグラブで補給面の浮きが気になる方がいたらご相談ください。

グリスがなくなってきたか確かめる方法としては、上の写真のように浮いてきてるとわかります。また、浮いてなくても上の写真のの部分を指でつまんでみると捕球面の革だけつまめます。これは、グリスがなくなっていることの証明になります。ただし、裏の革(平裏部)も一緒につまめるときは、革の不自然なしわや革の伸びが原因の可能性もあります。もし、わからなければ近くのお店で見てもらうことをお勧めします。

グリスを入れることで、グラブの捕球面の張りが戻ります!

見えない部分なので見落としがちですが、必ず確認しておきましょう!!!

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

グラブ刺繍を入れようとしたら・・・

更新がだいぶご無沙汰になってしまいましたm(__)m

こんにちは。店長の中村(勇)です。

野球人なら一度は憧れるグラブへの刺繍。刺繍を入れることによって例え定番のグラブであっても世界に一つ、自分だけのオンリーワングラブへと変貌を遂げます!

そんなグラブ刺繍がシーブイでも最近特に人気でよく加工を施します。
しかし、刺繍を入れるにはグラブへの下ごしらえが必要で、一度土手部の紐を外してグリスを取り除かなければなりません。
このグリスをしっかり取り除かないと刺繍を入れる際に、ミシン針がうまく入らず失敗してしまう恐れがあるのです。

そんな時、衝撃の光景が目の前に広がりました!!

グリス2

「ぱっかーん」と口を開けたファーストミット。わずかに付着しているこの白いノリみたいなのがグリスです。
分かりずらいのでもう少し近くで撮ったものを見てみましょう。

グリス1

近くで撮ってもこんな感じです。普通、新品のグラブでしたらグリスはもっと量が入っているものです。
このファーストミットも今年入荷したものでそんなに月日も経っていないので明らかにグリス量が不足しています。
どこのメーカーさんのグラブかはここではあえて言及しませんが、少し残念でした。

今、世間を騒がせている杭の手抜き工事ではないですが、目に見えない部分こそ大事であってそこの仕事を手抜きするようでは、良い品とは言えません。
いくらブランド力があったとしてもあとで必ずボロが出ます!選手のプレーを第一に考えたらこのような仕事は出来ないはずです!!

・・・少し熱くなってしまいました。これ以上続けるとメーカーさんの名前を出してしまいそうなのでこの辺でやめときます(笑)知りたい方は直接お店に来て聞きにきてくださいね(^^♪

このファーストミットは刺繍を入れたのちにしっかりとグリスも補充し、無事お客様のもとに渡っていきました。

グリスはボールの衝撃を緩衝する役目とグラブの表面(受球面)と裏面(平裏)をくっつける大事な役割があります。
皆様もグラブの受球面が浮いてきたとか違和感があるなどの場合は一度お店に持ってきてくださいね(^^)/

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村