タテヨコ

超野球専門店CVスタッフブログNo.43

こんばんは。店長のユウタです。

最近、店頭で投手用グラブの接客をする機会が多かったので今回は投手用グラブについて取り上げてみます。

投手用グラブは大きく分けて2型に分かれます。

タテ握り型ヨコ握り型です。

 

<タテ握り型>

こちらの型は縦長でフィールディングも重要視したいというピッチャー向けというのが特徴です。タテ握り型のグラブを使用しているあるプロ野球選手の話では投球時に右手人差し指と中指でボールを握りつぶすようなイメージで投げているらしく、それと連動して左手にはめてるグラブも「グッッ!!」と自分に引き込みながら右手のボールをつぶすイメージと同じようにつぶしながら投げているようです。人間の身体は右と左でその動作は連動しますから、右と左で同じように使った方が力が入って安定するというのは一理あるかもしれませんね。

<ヨコ握り型>

こちらの型はウェブ下深めにポケットを作りやすいのと、どちらかというと投球時のバランスを考えた型となっています。握り込みやすいのが1つ大きな特徴で、自分に引き込んだ時に邪魔にならず投げやすいです。タテ握り型よりもヨコ握り型の方が握り込む力の恩恵は受けやすいので力は入りやすいですが、その分ブレも大きくなりますので安定感に欠く場合があります。ヨコに振りすぎないように注意が必要です。

グラブを選ぶときは自分がどちらの使い方が適しているのかをしっかり把握し、その上で選ぶ必要があります。グラブには基本形というのがあるので、基本形がガッツリタテ握り型のものなのに無理にヨコ握り型にしようとするとどうしてもいびつな型になりますし、使い勝手もよくありません。必ずお店の人と相談して自分がどういったグラブが合うのか決めていきましょう。

 

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村