筋トレにBCAAがなぜ必要なのか

超野球専門店CVスタッフブログNo.6

 

初めましての方は、初めましてCVのマッスル担当トモヒロです。

今回はBCAAについてのお話です。

まずBCAAとは何か、わからない方もいるかと思いますので説明しますね。

人が自分で生成できないアミノ酸を必須アミノ酸といい、その中の分岐鎖アミノ酸(Branched-Chain-Amino Acids),これがBCAAです。

これが世によく聞く、バリン、ロイシン、イソロイシンと言われている物の正体なのです!!

なかでも、ロイシンは最重要成分なのです。!!

ロイシンが筋合成を促すシグナル伝達物質のエムトールを活性化するという研究結果がでているのです!!

エムトールは普段から細胞内に存在するタンパク質で、何かしらの刺激によって活性化し、筋合成が促されます。

このエムトールはトレーニングにより、数自体が増えて活性化するが、栄養補給でも活性化を促せちゃうんです。

そのスイッチ役こそが、BCAAの中のロイシンなのです!!

 

ちゃんとトレーニングをしてるのに、体が大きくならない人は是非BCAAが入っている

プロテインサプリを取り入れてください。

 

最後に次回についてのお話を少しだけ、、、orz

ヒトというのは、激しいトレーニングや病気によって、体にストレスが掛かると

頑張って作った筋肉を分解して生命を維持させようとしてしまうのです!!

では来週はこのお話をしたいと思います。

ご静聴ありがとうございました。

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

グリス!?なにそれ???

超野球専門店CVスタッフブログNo.5

こんにちは!スタッフのひろとです!

今回は、グラブの内側に入っているグリスというものについて少しお話したいと思います。

グリスってなに!?聞いたことあるけど詳しくは知らない……という方もいると思います。

上の写真の白っぽい色のものがグリスです。グリスとは簡単に言うと、グラブの捕球面の表の革と裏の革をくっつける役割をもつものです。グリスは、グラブを使用していると徐々になくなってきます。なくなってきたと思ったら、グリスを足してあげる作業(グリスアップ)が必要です。しかし、ご自身でやるとなるとグラブの紐をほどいたりなかなか大変です。また、グリスを購入しなけらばなりません。当店では、そのような修理も承っています。もし、自分のグラブで補給面の浮きが気になる方がいたらご相談ください。

グリスがなくなってきたか確かめる方法としては、上の写真のように浮いてきてるとわかります。また、浮いてなくても上の写真のの部分を指でつまんでみると捕球面の革だけつまめます。これは、グリスがなくなっていることの証明になります。ただし、裏の革(平裏部)も一緒につまめるときは、革の不自然なしわや革の伸びが原因の可能性もあります。もし、わからなければ近くのお店で見てもらうことをお勧めします。

グリスを入れることで、グラブの捕球面の張りが戻ります!

見えない部分なので見落としがちですが、必ず確認しておきましょう!!!

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

スイングスピードを上げるには?

超野球専門店CVスタッフブログ NO.4

こんにちは!店長のユウタです。

今回のテーマは店頭でもよく聞かれる「スイングスピードを上げるには?」です。

「とにかく重たいバットを数多く振れば力が付いてスイングスピードが上がる!!」

・・・なんて未だに思っている人いないですよね??

最近の研究結果だと逆にそれをやるとスイングスピードが落ちると言われています。ではどのようにすればスイングスピードは上がるのでしょうか?

高校生の硬式野球の例ですと試合で使用するバットは高野連のルールで900g以上ということが決まっています。この900gのバットを使用するときに効率よくスイングスピードを上げる為には、800g1000gのバットを振り込みましょう。更に効率よく上げるためには素振りではなくティーバッティングで様々なコースに打ち分けることが良いとされています。出来れば重いバット50球、軽いバット50球、試合用バット50球が理想的です。(全力で打ち込めば150球は相当キツイデス…)

試合用のバットの重さを100%とするとそれに±12%ぐらいの重さが良いとされています。これには諸説ありますが、プロの選手なんかでも試合前にノックバットを使用して外野ノックを打ってみたりしていますよね!あれは身体のキレを出すためだったり、スイング軌道の確認、ボールへの力の伝え方、バットのボールへの角度の入れ方などなど様々な要素・意味が込められています。

重たいバットばかりでは身体がその動きを覚えてしまい動きにキレが無くなります。おそらく振り込むための体力は付くので、「バットを振る回数選手権」でもあれば良いトレーニングになるかもしれませんが…(笑)

これから始まる本格的なオフシーズンでの振りこみが、春の結果に大きく影響してきます。ただひたすらに指導者に言われたことを我武者羅に頑張るだけではなく、正しい努力・練習で結果を出しましょう。

プロテインの重要性

超野球専門店CVスタッフブログ NO.3

どうも~初めましての方は、初めまして、スタッフのともひろです。

今回はプロテインの重要性について触れてみたいと思います。

まず、プロテインとは何か。

そう、人間の体に必要不可欠な栄養素、「タンパク質」が入っているサプリメント、よくアスリートの米と言われていますね。

タンパク質は髪の毛、筋肉、皮膚、血液、内臓、骨など、これらの元となる栄養素でもあるのです。

普段の生活で一般の人が必要な量は「体重×1g」と言われていますね。(アスリートや筋トレしてる方は体重×2g 体重70キロですと140gが必要)

では、成長期のお子様ではどうでしょうか?

普段の体の成長に必要なタンパク質にプラスして、アスリートとしての筋肉や身長を大きくするのに必要なタンパク質を補給しなくてはなりません。

この量のタンパク質を普段の食事で補うことは、正直無理です。(寮生活の高校球児ですら難しい)

たとえば、牛肉600gはタンパク質約120gです。(どんだけ肉食うねんってなるよね、脂肪分も余計に取っちゃうし、、、食費も半端ないw)

そこで良質なタンパク質を効率良く摂取できるのが、プロテインなんです。

もう、この時点で飲まない理由はないですね!!

ですが、プロテインの効果はこれだけじゃないんです。

筋肉の合成に大切なBCAAの他にも、疲労回復に必要なビタミン、ミネラルも入っているんです。(BCAAなどのお話しは後ほどやります)

もう、ここまできたら飲みましょう!!

人生で一度しかない成長期、成長ホルモンがバンバン出ているのに、栄養不足で大きくなれないのは

     もったいなさすぎる!!!

今からでも遅くないです、まずはプロテインを買いましょう(^^♪

CVでは只今、ガチアップprojectというイベントを開催中です。(*´▽`*)

プロテインを買って、オリジナル竹バットが貰える素敵なイベントです。

出血大サービスイベントです。

DSC_0163

では今回はこのあたりで、、、

スパイクに適した紐の通し方!?

超野球専門店CVスタッフブログ NO.2

こんにちは!!超野球専門店スタッフのひろとです。

今回はスパイクの紐の通し方についてお話ししたいと思います。シューズの種類や運動の目的によって紐の通し方は、変えた方が良いと知っていましたか!?もちろん、知ってる方も多いと思いますが、知らない人はぜひ知っておいてほしいですね!

今回は、定番の2種類の通し方を紹介します。

1.アンダーラップシューレーシング   

上の写真のように、紐穴のからに出す通し方です。多くの方は、普段この紐の通し方をしていると思います。この通し方は、圧迫感が少なく適度に足に馴染むので、長距離を走るときなどに適しています。

しかし!!!野球のように瞬発力を求められる種目のスパイクには適していません!

2.オーバーラップシューレーシング

上の写真のように、紐穴のからに出す通し方です。もう一度言います!(笑)からです!!ただし、最後の紐穴は1の通し方同様にからですこの通しをすれば、しっかり締まり緩みにくくなるので、瞬発力が大事な野球のスパイクに適した紐の通し方となります。

どうですか!?みなさんのスパイクの紐の通し方は合っていましたか!?これは、野球が上手か下手かとか、野球歴が長いとか関係ありません!誰もが今すぐできることです!こんなところで差をつけられたくないですよね(笑)ぜひ、やってみてください!

捕れなかったボールが捕れるかも…..

 

 

 

スタッフブログが生まれ変わりました!!

超野球専門店CVスタッフブログ NO.1

こんにちは!店長のユウタです。長らく更新していなかったブログですが、この度「超野球専門店CVスタッフブログ」として生まれ変わりました。野球に関するあんなことやこんなこと、野球用品店ではありますが用品の紹介だけではなく色々な角度から「野球」を掘り下げていきたいなと考えております。定期的にスタッフが更新いたしますのでお楽しみに!!

記念すべき最初の投稿は先日「トクサンTV」で紹介されましたワールドペガサスの「極太トレーニングバット」について。「トクサンTV」でも紹介されてましたが更に詳しく掘り下げていきます!

このバット、その名の通りグリップが超極太です。なので非常に握りづらい!!

この「非常に握りづらい」が実はミソなんです。

強く握ることが出来ないので自然と力まない握りになります。

この力みのない状態からスイング。

すると、インパクト時に身体は自然とギュッとバットを握ろうとします。握りにくいがためにしっかりインパクト時に握らないとバットが飛んでいっちゃいます(笑)このインパクトの時にギュッが力をしっかりとボールへ伝えるために大切なことです。また、「トクサンTV」では体幹を固めることの重要性についても触れていましたね!下半身の力を上半身、バット、そしてボールへと100%伝えるためにはこの体幹も非常に重要です。そういった意味でもこのバットはしっかりと体幹を使ったスイングをしないとうまく振ることが出来ません。

力みのない構え・スイングからインパクトだけギュッ

頭じゃ分かっているけれどなかなか出来ないことです。このバットを使ってその感覚を動作に落とし込もう!

下記URLからご購入出来ますよ~

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.sportscv.jp/fs/yakyu/bat/WBKWBTB8_82335