2016年のアンダーアーマー大予想

ご無沙汰しております。

あっと言う間に2月後半ですが、アンダーアーマー2016年の新商品が続々と入荷してきています。

2016SS、春夏期の山場は2月と3月の大量入荷となります。

3月の入荷を終えればある程度の商品が出そろうこととなり、2016SS商品の全容が見えてくると思います。

ここで当ブログをご覧の方に先行情報と致しまして、現在分かっている幾つかの情報をお伝えしていきたいと思います。

ただし、全て現段階での情報となりますので、メーカー側で変更になる可能性がございます。

その点はご了承頂ますようお願い申し上げます。

まずは軟式野球用品の増加です。

昨年末に軟式グラブ、少年軟式グラブが発売になりましたが、今年は軟式金属バットが発売されます。

大人用はトップ、ミドルバランスの83cmと84cm。

トップは1カラー、ミドルは3カラーの発売となります。

少年軟式金属バットはミドルバランスのみで76cm、78cmの各3カラー展開。

これに合わせてアンダーアーマーのグラブに相性抜群なグラブオイルも発売されます。

バットケース、野球用リュック(在庫限り)もございますので野球用品一式をアンダーアーマーで揃えることも可能になってきましたね。

お次は少し残念なお知らせを幾つか。

まずは値上がりです。

春夏モデル各商品で昨年同等モデル対比3割程度の値上げが行われます。

メーカーからは為替ギャップの影響により価格を上げざる得ない状況になったとのことです。

硬式国産グラブは税抜6万円となります。

他メーカーの最上級の最上級くらいの価格設定ですね。

勿論、グラブとしては新興メーカーのアンダーアーマーが元プロ選手も所属している開発チームが契約選手の声を吸い上げて作り上げた逸品となっております。

是非ご自身の手にはめてみて、その価値を判断してみてください。

個人的には革の質も上昇し、各個体によってハズレが少ない安定したグラブになってきていると思います。

軟式、硬式両方当店には在庫がございますので是非ご体感下さい。
(タイミングにより在庫切れの際は申し訳ございません。出来れば事前に在庫をお問い合わせくださると安心です。)

また、定番商品として比較的長い間、価格の改定が行われてきていなかった定番のコンプレッションも上がってしまいます・・・。

大体2015年までの価格から800-1000円のアップとしてお考え下さい。

特に高校球児が消耗品として使うアンダーシャツなどは基本5,000円程度になってしまいます。

夏物ですよ。少し前だったら冬のコンプレッションが買えてしまう価格です。

次に商品展開数。

少し少なくなってしまいます。(今年の冬は圧倒的に展開数が少なくなる模様です。)

例えば今まで1つのスタイルでデザインが3-4種類出ていた商品が2-3商品になってしまいます。

今期は特に、計画段階では商品化が予想されていたものが商品化されなくなったスタイル、カラーが多くなっております。

正直私共も、商品が入ってくるまでどの商品が入ってくるのかもわからない状態です。

そんな中、気になる新機能も登場します。

主に夏用コンプレッションに採用されているのですが、生地の中に入った粒が体温の上昇に伴い液化し、体に冷感を与えてくれるというものです。

すいません。半年前に聞いた情報なので細かい部分まで正確かどうかはわかりませんがざっくりいうとそんな感じです。

今まで接触冷感のインナーは他メーカーからも出ておりましたが、アンダーアーマーらしい違ったアプローチで夏をクールに過ごさせてくれそうです。

こちらの展開開始は3月予定。3月だとまだまだ寒いかもしれないのですがまず初めに効果を実感してみたいと思います。

着てみた正直な感想はまた記事にしますのでご期待ください。

もう一つはトライブレンドフリース。

以前からTシャツなどでトライブレンドシリーズは発売されておりましたが、今期からトライブレンドフリースシリーズとして今期から登場です。

こちらは今年の冬物でもメインシリーズとなりますので是非覚えておいて下さい。

Tシャツのトライブレンドシリーズを見た時は「随分テロテロだな」「首元すぐ伸びるんじゃないの?」

と思ったものですが、着ている人に聞くと肌触りもよく、意外と伸びないとのことでした。

これがトライブレンドフリースになると厚みを持ち、伸びる伸びないの不安はなくなりました。

残ったのは抜群の着心地だけ。

真冬には少し厳しいかもしれませんが晩秋から春先にかけては一番いい素材かもしれません。

1

2

如何でしたでしょうか?2016年のアンダーアーマーはこんな感じで推移していくと思います。

今年はもっと皆様に良さをお伝えできるよう精進してまいります。

ご愛読頂けますと幸いです。

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

アンダーアーマー軟式グラブレポート

皆様おまたせいたしました。

アンダーアーマーの軟式グローブが登場です。

そこで今回は以前FacebookのアンダーアーマーFANSというページでレポートした内容を引用しながらご説明したいと思います。

all

※下2つが軟式、上2つが硬式です。

硬式との大きな違いは下記のとおりです。

1.硬式とラベルの色が若干違う。

2.RORカラーが硬式と若干違う。

硬式と同じように軟式も革質はしっとりしていて、アンダーアーマーのグラブにおける方向性はあるんだなと感じました。

感じ方には人それぞれ様々だと思いますので、是非ご自身で触って頂き、お試しいただくことを強くお勧めいたします。

それでは画像をご覧ください。

3

右側が軟式、左側が硬式です。

こう見ると軟式はラベルの色が黄色みが強い金となっております。

逆に硬式は白っぽい金ですね。

実際見てみるとここまで大きな差は感じ取れないと思うのですが、写真にすると顕著ですね。

お次はこちら。

先ほどの写真でもお分かりになったと思うのですが、RORカラーが軟式と硬式で若干異なっております。

1

右側が軟式、左側が硬式です。

軟式のほうがちょっと薄いというかくすんだ色となっております。

こちら、入荷した日に撮影しておりますので、元々こういう色味なのです。

2

並べてみました。

こちらだと本体カラーとラベルの色の違いが見て取れますね。

他の違いといえば、基本の紐色が硬式は半芯通し、軟式は芯通しですね。

これは他のカラーでは違いがあるかもしれませんのでご了承下さい。(まだ全部の商品を見ることができていないのです・・・。)

お次は捕球面。

ぱりっとハリのある感じでご使用者様の使い方や手に馴染んでいきそうな感じです。

4

5

親指部にはアンダーアーマーならではの、

「I WILL」の刻印が。

6

小指部にはアンダーアーマーのブランドミッションである、

「TO MAKE ALL ATHLETES BETTER」

7

もうどこから見てもアンダーアーマーのグラブということがひと目で分かりますね。

取り急ぎアンダーアーマー軟式グローブのレポートとさせていただきます。

硬式グラブとは違い、使用できる幅が広い軟式グラブ。

少年軟式も発売されておりますので、お子様から大人まで多くの方にご利用いただけます。

勿論、硬式用を軟式で使っていらっしゃる方もおりましたが、軟式用が出た以上軟式をオススメいたします。

この他にも「ここどうなっていますか?」

などございましたらお答えできる範囲で、お答えさせていただきます。

在庫状況など詳しい事につきましては下記までお問い合わせ下さい。

メール cv@spcv.jp
電話  047-445-1350 

担当:中村まで「アンダーアーマーの(軟式or硬式)グラブについて」とお願い致します。

今回もお読み下さり有難う御座いました!

是非一度皆様の目でアンダーアーマーの軟式グローブをご確認下さい!

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村