アンダーアーマー硬式グラブ(松田モデル)

早いもので新年もあっと言う間に1月中旬になってしまいました。

今年最初のブログになりますが、本年もよろしくお願い致します。

最近アンダーアーマーの硬式グラブで質問の多いのが
松田モデル(内野手用)の違いについてです。

カタログの説明だと以下の通りです。

QBB0020:最速のハンドリングを追求

QBB0021:オールラウンダーに最適

QBB0022:捕球力を重視した大型モデル

一応上から順番に大きくなるんだなと言う事は分かりますが
あまりにも大雑把な説明ですね~(笑)

そこで違いを検証してみました。

qbb0020-1.

背面からの写真です。

qbb0020-2.

こちらは捕球面からの写真です。

なんとなく違うような、そんなに違わないような・・・

では、実際にサイズを測ってみましょう。

qbb0020-3.
qbb0020-4.
qbb0020-5.

写真の角度によって多少の誤差がありますが、
QBB0020:28.0cm  QBB0021:28.5cm  QBB0022:29.0cm
でした。
つまり5ミリづつの違いですね。

それから、大きさ以外で違うところがもう一つあります。

qbb0020-6.
qbb0020-8.

これがQBB0020とQBB0021のウェブです。

qbb0020-7.
qbb0020-9.

こちらがQBB0022のウェブになります。

同じ松田モデルとなっていますが、QBB0022はより強い打球に
対応できるようなウェブを採用しているんです。

ポジションでお勧めすると
QBB0020はセカンド、ショート
QBB0021はセカンド、ショート、サード
QBB0022はショート、サード
といったところです。

それでも迷うという方は、スポーツCVではアンダーアーマー
硬式グラブを各種取り揃えていますので、店頭で確かめてくださいね。
※商品によっては完売となっているものもありますので
事前にお問い合わせくださいませ。
TEL 047-445-1350

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村