【感想:一ヶ月】ビモロシューズ履いてみました!

いつもご覧頂き有難う御座います。

スポーツCVのホトダです。

先日コチラのブログで感想を書かせていただきましたビモロシューズを大体1ヶ月程度履いてみましたので、率直な感想をお伝えいたします。

あくまで私自身の感想になりますので、ご参考程度に捉えて頂ければと思います。

まず、結論から申し上げますと、

今まで履いていたシューズ(他メーカー)の9割を処分させていただきました。

ついでにビモロシューズを1足買い足しました。

この1ヶ月、疑り深い私は「たまに他メーカーのシューズを履いてみればビモロシューズのアラが見つかるのではないかしら」

などと考え、ちょこちょこ他メーカーのシューズを履いていました。

そこで他メーカーのシューズを履いて出た結論は2つ。

1.ブレる
2.疲れるように感じる

まず、他メーカーのシューズは着地時、蹴り出し時にどうしてもブレる気がしてしまいます。

前回もお伝えしたとおり、以前は疲れないようにとクッション性の良いシューズを履いていましたので今回履いてみたシューズもクッション性に優れたものになります。

語弊があると思いますが、正直に書きます。

他メーカーのシューズに比べ、ビモロシューズは着地から蹴りだしまでの足のブレがありません。

ご存知ビモロシューズは着地から蹴りだしまで、「サッ」「スーッ」でしたが、

他メーカーのシューズは「グニュッ」「ダーーーーンッ」でした。

普通に履いている時は気づきませんでしたが、クッション性が高いため、一度めり込む感覚があります。

そこから力強く蹴りだす感覚を得ました。

つまり「サッ」「スーッ」の連動性がないため、着地から蹴り出しがバラバラの動作になっている感覚です。

ビモロシューズの場合は大きなクッション部分というのはシューズに見られませんが、

「サッ」「スーッ」の連動性でクッション性を必要のないものにしているというのが感想です。

次の疲れるように感じるというのは、最初のブレるとリンクしますが、

他メーカーのシューズはどうしても着地時の足首だけではなく、ヒザ、股関節までブレる気がしてしまいます。

逆にビモロシューズの場合は足運びがとてもスムーズに行なえ、ブレる感覚、疲れる感覚がありません。

勿論、スゴイ長い距離を連続で歩いたわけではないのでその場合にどうなるかというのはわかりませんが、

ちょっと歩くだけでもこれだけ感覚に差がでるのですから、距離に比例してこの感覚強くなるものだと確信しております。

いかがでしょうか。少ない人数ではない方が「んな、大げさな!」と思われたのではないでしょうか。

実際私も履いてみるまでは、前回のブログに書いたように「んな、大げさな!」と思っておりました。

でも変わります。大抵、強い宣伝文句のついた商品を試してみると「ん?言っているほどでも・・・」

と思うことがほとんどだと思います。

ビモロシューズはきっちり感覚の違いとして今までのシューズとの違いを感じていただけると思います。

まずは騙されたと思って試履でもイイのでしてみてください。

履いて10歩、20歩歩いて頂ければ感覚の違いに気づいて頂ける方が多いと思います。

更に、私の履いていたビモロランニング・ベロではメーカーさんの方で値上げも検討されているようです。

せっかくなら今のお値段の内に是非ご検討下さい!

お店へのご来店もお待ちしております。