グラブの深くて浅い!?お話

超野球専門店CVスタッフブログNo.16

こんにちは!店長のユウタです。今日はグラブの深くて浅いポケットのお話です。

ポケットが浅いとか深いとかは正直その人の感じ方にもなりますので、あくまで参考程度にご覧いただければなと思いますm(_ _)m

ポケットって結局はグラブの受球面に出来るくぼみのことですよね。このくぼみがよりくぼんでいるとポケットが深いくぼみが無いと浅いポケットとなります。

 

僕の手です(笑)指を伸ばした状態。これがポケット浅い状態。ボールを捕る手の平にくぼみはありません。

 

そしてこれがポケット深い状態。指を曲げて手の平にくぼみを形成してます。

 

比較対象をよりはっきりさせるため極端な例ですが、ポケット浅いグラブ。

ポケット深いグラブ。

 

どちらがいい。どちらが悪いではありません。プレーヤー自身がどちらの方が使いやすいのかということです。浅い方がボールを握り替えやすいから使いやすいのか、それとも深い方がしっかり捕れて安心して送球動作に入れるからいいのか。

結果としてランナーが到達するより早く、目標にボールを届けられればいいのです!!

ちなみによく見かけるこの動作!

指を曲げるのでポケット深くなります。ポケット浅めに作りたい方は指を逆に伸ばした方がいいですよ~。その際は微妙な指間の紐調整なども必要ですが、その話はまた今度。

 

ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

グラブの深くて浅い!?お話」への2件のフィードバック

  1. 指を伸ばした方が浅く曲げた方が深くなる話そろそろ掘り下げてほしいです
    忘れてるんじゃないでしょうか?ww

    • コメントありがとうございます!!ごめんなさい!忘れていました(笑)次回取り上げますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です