可動域のその先へ。。。

超野球専門店CVスタッフブログNo.70

こんにちは!店長のユウタです。

突然ですが皆さんはグラブを奥までしっかりとはめていますか??

こんな風にグラブから手が出ていませんか!?

またはこんな風に出ていませんか!?

それともこんな風に??

 

 

 

・・・守備の名手と言われる方々の画像集となってしまいました(笑)

 

 

 

上から

ロビンソン・カノー

今宮健太

荒木雅博

 

 

いずれも球界を代表する守備の名手ですね!!

そんな方々はこんなグラブの使い方をしているんですね~( ..)φメモメモ

 

人間の手首の可動域ってある程度決まってます。柔らかさの程度はあれどこんな感じです。

これ以上に角度出すために

グラブを浅く入れます(^^)/

グラブが立ちやすくなるんですね!!

正面から見るとこんな感じ。

グラブが寝てしまうと打球が自分の方に転がって走ってしまうのでファンブルしやすくなります。しっかりと立ててボールが収まりやすくなるように心がけましょう(^^)/

指導者の方やご両親の方で誤解されがちなのが、奥まで手が入らないからこのグラブはこの子には小さすぎるのでは!?というものです。

先に挙げたようにグラブを立たせやすくするための作りなので大きさとかではないです。子供さんの手を無理やり奥に突っ込ませないようにしてあげてください。

よくポロポロしてしまうのはそんなことも原因の一つかもしれませんよ??良かったら試してみてくださいね~(^^♪

可動域のその先へ行きたい方はポチッと下のボタンをお願いしますm(__)m

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です