プロの技

超野球専門店CVスタッフブログNo.61

どうも! ツバサです!!!

3/10,3/11のZETTデーはとても大好評でした。

ご来店してくださった皆さんありがとうございましたm(-  -)m

そんな大好評だったZETTデー、実はものすごい方がいらっしゃってたんです!!!

ZETTが誇るグラブ職人の角正さんです!!!  実はこの角正さん、ZETTの契約選手のグラブの多くを担当していらっしゃるという、本当にすごい方。  お客さまのグラブの型付けをさせて頂いている僕らからしたら神ですね、、、

そんな角正さんに当日大変興味深いお話を聞かせて頂きました。

まずは先日の店長のブログにあった「グラブにポケットは作ってはいけない」ということ。  こちらは超野球専門店CVスタッフブログNo.60 「守備の名手が使うグラブ」を参照とさせていただきます。

そしてもう一つが、グラブの握り方(型の付け方)についてです。

 

まずはみなさん、下の写真のように手を閉じた状態で手首を振ってみましょう、、、  その感覚を覚えておいてくださいね!

 

次に完全に脱力して同じように振ってみてください!

 

↑のような形になって、しかも閉じて振った時よりも滑らかに振れませんでした!?

 

実はこれ、手の神経に関係しているんです!  手を閉じてしまうと、手の中央を通っている正中神経をつぶしてしまうため、固まってしまいスムーズに動かなくなってしまうのです。   正中神経は、手だけでなく、肩の方にまでつながっているので、自ずと腕全体が固まってしまいます。   そうなると、守備の時に腕~手までが固まり動きが固くなってしまうのです!!!

 

ではどうすれば?

極端な話、プロの選手は捕球するときに意識して握らないんだそうです、、、

唖然ですよね(笑)  グラブって握って捕るためにあるんじゃないの!?

ただ覚えておいてほしいのは、あくまでもプロレベルでの話という事です、、、(笑)

 

先ほどの脱力して手を振ってできた形が、人間が一番柔らかく手を使える形なんです。   プロのグラブはすべてそのような型になっているから、あんなに柔らかいハンドリングが出来るんですね!(もちろん技術ありきです)

角正さんにどうやってそのような型に仕上げているのか聞いてみたところ、、、、「企業秘密です」って言われちゃいました(笑)  そりゃそうですよね(--)

よーーーーし、自分で見つけ出してやる!!!

ありがとうございました^^

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です