こんなヤブレも直せます!!

超野球専門店スッタフブログNo.33

はいどうも~はじめましての方は、初めましてスタッフのトモヒロです。

今回は修理についての投稿ですよー(*´▽`*)

最近徐々に修理担当へシフトしている僕が、渾身の修理をしました。

なかなか良く仕上がりましたので見てください(^^♪

ではこちらをご覧ください!!

DSC_0002

 

キャッチャーミットの親指部のやぶれですね。

すごくいいミットの型していました(◎_◎;)

親指の部分がこの様にやぶれるのは、キャッチングがうまい証拠だと

とあるメーカーのグラブ職人さんが言っていました(^^)/

結構使っている様子で、受球面の革もかなり薄くなっていて

今にもやぶれそうな状態です。

さぁ、どうやって直そうか??

いろいろなやり方があるので、店長とか大先輩のヒロトさんとかに聞いて

結果的には、「やぶれた革ごと切り取って、そこに新しい革を縫い付ける」になりました。

移植手術のような感じに聞こえますが、まぁイメージはそんな感じですね。

早速修理を開始(^^)/

切れていた部分の革をほどいて、そこの革をカァァッッッッット(;・∀・)

その革と同じ大きさの新しい革を作り、いざ縫い合わせ!!(^^)/

元のミシン跡に沿って丁寧に縫う事20分??くらいかな(*´▽`*)

こんな感じで出来ましたよ!!

どうですか!この仕上がり!!

DSC_0028

DSC_0024

ついでに、受球面もやぶれかかっていたり、薄くなっていたので

全体的に裏から当て革をしました。

受球面のギザギザは当て革のミシン糸です!(^^)!

DSC_0027

これで修理は完了です。

いかかでしたか?ボロボロでも思い入れのあるグラブで、まだ使いたいなどあれば

ご相談お待ちしております。(^^♪

 

 

 

 
ブログランキングに登録しています。
↓下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。(^O^)
にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です